fc2ブログ

自閉症・発達障害の原因は化学物質-1

私は「アリス・ミラーと乳児期の心的外傷」という記事で以下のコメントを記述していたのですが、最近「グローバルボイス」というウェブページで、重大な記事を見つけました。

“そもそも自閉症が先天的な障害なら、今どき遺伝子の特定ができないのも私は疑問ですし。スペクトラムとして一括りにしていいの?とか、知的障害は別問題では?とか、本質的には個性では?とか疑問符だらけになってしまいます。 あるいは、愛着障害だと薬を処方して稼げないけど、発達障害なら薬漬けにして稼げるといった社会的な要因も絡むと思います。さらには、ワクチンや魚食などで水銀が3〜4世代に渡って蓄積された影響もあるのではないかと勘ぐっているのですが。自閉症には詳しくないので、今度探求してみます。”

グローバルボイスとは、世界各国で発信されたブログなどの情報をボランティアが翻訳して紹介しているウェブページです。特に、テレビ局や大手新聞社が取り上げないような記事に注目して、価値ある情報を提供しているそうです。以下は、化学物質が胎児や乳児などに与える影響について科学者の見解をまとめたものですが、私が感じていた疑問を科学的に解き明かしてくれました。

子どもの脳に化学物質が与える深刻な影響(Global Voices)

この記事では、水銀や薬剤の影響についてはあまり言及していませんが、当然胎児や乳児には影響するはずです。また、一個体にとっては非常に影響が少ない量でも、ここで紹介されている化学物質同様に、胎児や乳児への影響は大きいはずです。つまり、自閉症スペクトラム(Autistic Spectrum Disorder:ASD)とされる症状は、もっと細かく分類されるべきであり、その原因も化学物質だけではなく養育まで含めて総合的に判断すべきです。

   
スポンサーサイト



2015-07-06 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング