fc2ブログ

異常な薬漬けの日本人

精神医療に限らず、日本人は数多くの薬を飲まされています。私の父はC型肝炎から肝臓がんになり、胃がんにもなって亡くなりましたが、その頃に飲んでいた薬があまりにも多かったので調べたことがあります。正確な記録は残していませんが、睡眠薬だけでも2種類が処方され、おそらく10数種類の薬を投与されていた気がします。そのために胃薬なども処方されるという悪循環でした。

なぜ薬を調べたのかというと、入院から一時帰宅した際に意識障害を起こし、泥酔状態のようになってしまったからです。元々肝臓が十分に機能しなくなっているのに、そこに大量の薬物(毒物)が入ったので、解毒作用が追いつかなかったのでしょう。アンモニアが体内で分解されず、血中に蓄積する高アンモニア血症に陥っていたのだと理解しています。以下は薬漬けの日本人への警鐘ですが、医師は製薬会社の言いなりになっているのではないかと心配になります。製薬会社を儲けさせて、ロックフェラーやロスチャイルドに流れている日本の医療費はいくらになるのでしょう。

4剤併用で命の危険 異常な薬漬けの日本人、副作用死は年10万人以上?(Business Journal)

日本では健康保険の皆保険制度が評価される場合が多いと感じますが、あまりにも気安く医療に頼るようになったというデメリットもあります。自分で安静にしていれば済むはずの些細な熱にもかかわらず、いちいち医者に診せる人は少なくありません。そして、医師から薬を処方されて安心するのです。こうした行為は責任転嫁の現れで、自分で考えようとせずに医師に責任を負わせ、いつでも言い訳できるようにしています。それは、いつも親から「あなたが悪い」と責められていたからかもしれません。

 
スポンサーサイト



2015-05-29 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング