fc2ブログ

声優のアイコ(神いっき)は解離性同一性障害(多重人格)か

「声優のアイコ」を名乗る女による連続こん睡強盗事件の裁判で、神いっき被告が一転して事件への関与を認めたそうです。14日に開かれた第5回公判で「一連の事件全て記憶にはありませんが、僕がやってしまったことだと思います」と述べたと報道されています。

“声優のアイコ”関与認めるも「別人格が」(日テレNEWS24)

私は、この事件が報道され始めた頃から気になっていました。もしかしたら解離性同一性障害(DID)ではないかと。報道だけで判断できることではありませんが、DIDの可能性が高いと思います。言い逃れできない証拠がありながらも、一貫して犯行を否認していたからです。ネット上には「なりたがり」というDIDになったつもりの者もいますが、そういう人の場合はすぐに気付きます。言動が同一の意識でコントロールされているとわかるからです。

大半のDIDは、20〜30代まで自分が多重人格であるとは気付いていません。なぜか時間を失っているという疑問がありながら、主人格自身は普通の生活を行なっている記憶しかありません。解離は自覚できないから当然で、近親者や医師の指摘によって認めざるを得なくなります。前回の公判では子供の人格が現れていたようですが、裁判を一旦中止して精神鑑定を行なうべきです。関係者は責任能力があるかどうかを争うのではなく、真実を究明する視点で対処しなければなりません。彼女は幼少期に何年間も性虐待に遭っていた可能性が高いのですから。

 
スポンサーサイト



2015-05-14 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング