fc2ブログ

あなたの生きづらさは正常な反応

不適切な親、不健全な親とはどういう存在でしょうか。子供を殴ったり蹴ったりする暴力が不適切なのは言うまでもありません。子供に食事を与えない育児放棄(ネグレクト)が不健全なのも当然です。しかし、こうしたわかり易い虐待よりも、言葉や態度による情緒的な虐待の方が、子供の心に深刻な傷を残します。というよりも、身体的な虐待やネグレクトには必ず情緒的な虐待が伴うと捉えた方が正解で、具体的な行為が介在するかどうかは二次的な要素です。

相手を尊重して感情をやり取りできる親が、殴る蹴るといった暴力を押し付けるわけがありません。相手の痛みに共感できる親が、食事を与えなかったり、衣類を洗わなかったりするはずがありません。そういう親は、必ず「お前が悪い」「お前なんかいらない」と言葉で攻撃し、子供の服従に満足しています。つまり、どんな方法であろうとも、精神的、心理的、情緒的に虐待しており、それが不適切で不健全な親の根幹となっています。

彼らは基本的なコミュニケーション能力に欠け、歪んだ価値基準をまとい、自分の親に対する不満や怒りを潜在意識に抱えています。暴力は支配欲の発露に過ぎず、ネグレクトは操作の一端に過ぎません。精神に問題を抱えているのはあなたではなく、あなたの親なのです。あなたは子供として親に従うしか生きる方法がありませんでした。あなたの現在の生きづらさは、親から受けた虐待に対する正常な反応です。

   
スポンサーサイト



2014-05-20 : 機能不全家族 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング