fc2ブログ

乳幼児期から人生をやり直す

親に恵まれなかったあなたは、もう一度人生を生き直しましょう。不適切な養育は乳幼児期から行なわれています。だから、乳幼児期に戻って愛情に包まれる必要があります。私は乳幼児期の真由美に会って、愛情飢餓の始まりを目の当たりにしましたが、アダルトチルドレンは乳幼児期から心を傷付けられていると知りました。コミュニケーションの基本が身に付いていない親は、子育ての最初から適切に愛情を注げません。

「インナーチャイルド」という言葉が使われますが、幼いまま置き去りにされた潜在意識だと捉えるとわかり易いでしょうか。その潜在意識に語りかけて、自分で癒すように勧めている専門家が多いようです。しかし、私は支援者とともに育ち直った方が上手くいくだろうと考えています。あなたを理解している支援者が、あなたに対して乳幼児に接するように一定の時間を過ごせば、空洞化していた心を愛情で満たせると思います。

では、誰が支援者となれば良いのでしょう。やはり、恋人や配偶者などのパートナーが適任です。あなたが、まだ中学生や高校生くらいならば、里親のような養育者が適しています。しかし、カウンセラーやセラピストには荷が思いと言わざるを得ません。生活を共にして、時には赤ちゃんのような我がままを受け入れ、他者との関係に嫉妬させない必要があるからです。親と同等の存在として支援者が無条件の愛情を注げば、あなたの心の傷は回復するはずです。

 
スポンサーサイト



2014-05-17 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング