fc2ブログ

ゴミ屋敷の本質

ゴミが家の中や庭にぎっしりと積み上げられている状況を「ゴミ屋敷」と呼ぶようになったのは、もうかなり以前のことだと思います。こうしたゴミ屋敷がそこら中に存在すると注目されて、テレビのワイドショーなどで放送されました。当初は、周辺住民などの目に見える一軒家が取り上げられていましたが、最近ではマンションやアパートなどの一室がゴミで埋まっている状況も数多く存在するとわかってきました。

貧困に苦しむ50代女性の半生「気づけば自宅はゴミ屋敷に」(日刊SPA!)

こうした情報では、ゴミ屋敷の本質に言及している事例は少なく、ただの見せ物的に紹介しているだけだと私は感じています。なぜ、ゴミ屋敷になるのか。貧困が原因ではありません。その証拠に同じ特集の別の女性は、きれいに片付いた部屋で暮らしています。

44歳、月収10万円の貧困女子「夢は風呂つきのアパートに住むこと」(日刊SPA!)

「片付けられない女」という言葉も一時期流行りましたが、根底にはゴミ屋敷と同等の心理があります。ゴミを溜め込む人には、自分の人生を成功させようとする無意識の働きかけがないのです。幼少期から愛情が不足しており、自分の人生を大切にするように育ててもらえなかったのです。さらには、親の過干渉や責任転嫁によって、人生を台無しにされているのでしょう。だから、将来設計を描こうとせず、使えるだけお金を使ってしまい、流されるままに生きてしまいます。寂しさからゴミにさえ構って欲しくなるのです。乳幼児期の不適切な養育は、こうした場面にもはっきりと現れます。

 
スポンサーサイト



2015-01-30 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング