fc2ブログ

心のトラブルは精神薬で治療できない

精神医療や精神薬に対する批判が、徐々に社会に広がり始めています。私の出版物でも触れていますが、心にトラブルを抱えている者が日本の精神医療に頼ると、長期間薬漬けにされたまま回復できない状態に陥るでしょう。場合によっては、自殺を後押しされてしまうかもしれません。多剤大量処方が当たり前のように行なわれている日本の精神医療は異常事態です。信頼できる精神科医もいるとは思いますが、大半の精神科医は十分な知識もなく薬を投与するだけで、心のトラブルを解決できません。

アメリカでは抗うつ剤「パキシル」を製造・販売したグラクソスミスクライン社に対して30億ドルという巨額の損害賠償金の支払いが命じられました。この薬は日本でも一般的に投与されている薬で、その対象には子供も含まれています。私は製薬会社と精神医療の関係を知れば知るほど、日本の精神医療を信用できなくなりました。

もし、あなたが現在精神薬を服用しているならば、下記のシンポジウムをご覧ください。長時間ですが、傾聴に値する内容です。精神科医や精神薬を闇雲に信用するのではなく、自分で知識を身に付けた上で服用すべきか判断しましょう。YouTubeで公開されている「2012第二回精神薬の薬害を考えるシンポジウム」をご紹介します。

スポンサーサイト



2014-05-14 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング