fc2ブログ

機能不全という無形の連鎖

安倍総理の衆院解散によって、まもなく総選挙が行なわれます。報道機関はいつものように選挙絡みの世論調査を実施していますが、投票に行くかどうかというアンケートには「いい子」や「いい人」に見られたいという一般市民の潜在意識が隠されています。下記はNHKの調査ですが、投票行動については全くあてにならないと過去の投票率が示しています。

衆院選「非常に関心」 前回より低い23%(NHK NEWS WEB)
今度の衆議院選挙について、投票に行くかどうか聞いたところ、▽「必ず行く」が57%、▽「行くつもりでいる」が29%、▽「行くかどうかわからない」が9%、▽「行かない」が4%でした。

このアンケートが正直な回答ならば、投票率は86%〜95%程度になるはずです。しかし、実際にはそんなに高い投票率にはなりません。今回の選挙では、せいぜい60%程度ではないでしょうか。多くの人はアンケートに答える立場になった時点で、世間から批判されないように予防措置を講じたり、質問者に気に入られようとしたりします。外面を良くしようという潜在意識は誰にでもあるのです。

機能不全家族も同様で、毒親の大半は悪意で子供を傷付けているわけではありません。意識して外面を良くしようとしているわけでもありません。彼らにとっては親から受け継いだ当たり前の養育態度であり、自然な対人関係です。私はこうした状況を捉えて、目に見える虐待の連鎖ではなく、機能不全という無形の連鎖を絶つように訴えています。

 
スポンサーサイト



2014-11-26 : 機能不全家族 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング