fc2ブログ

相手が誰であろうと服従してはいけない

支配的な親はコントロールの衝動に負けて、自分に都合良く子供を操作しています。危ない場所から子供を遠ざけようとする行為もコントロールにあたりますが、普通ならば一時的な誘導で済みます。ところが、不適切な親は、子供を常にコントロールしなければ気が済まないのです。服従させることで自分の鬱憤を晴らしたり、王様気分を味わったりするのでしょう。衝動とは何かをしないではいられない、いわば中毒状態です。

親が子供を支配するのは、子供を共依存に取り込むためです。麻薬なしではいられない麻薬中毒、賭け事をやめられないギャンブル中毒、酒を手放せないアルコール中毒などと同様で、人に嗜癖している状態だと言えます。そんな親を子供が改心させようなどと考えても、子供自身も共依存に絡めとられているのですから、どう考えても不可能です。だから、あなたが生きづらさを解消したいならば、少なくとも精神的に親を見捨てるべきです。

そうしなければ、あなたは永遠に親から服従を求められてしまいます。そんな人生で満足できるはずがありません。独裁国家の王様だろうと、雇い主だろうと、親だろうとあなたを服従させる権利はありません。あなたは既に親から服従させられて、大切な自尊心を奪われているのです。これからは自分の権利や意志を守って、傷付いた心を回復させなければなりません。理不尽な支配に屈服することなく、あなた自身の自由で素敵な人生を手に入れましょう。

 
スポンサーサイト



2014-05-14 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング