fc2ブログ

ボーダーが好む不安定な生活とは

ボーダーは常に不安定な生活を好み、すぐに職業を変えたり、住所を変えたり、交際相手を変えたりします。感情が不安定なだけではなく、生活そのものも不安定になってしまうのです。特に子供がいる場合には、安心・安定といった養育にとって欠かせない環境を乳幼児期から提供できず、子供も不安定な生活を強いられてしまいます。まさしく、機能不全家族の連鎖です。

ボーダーは、やむを得ずに不安定な生活を送っているのではなく、擦り込まれた無意識によって選択しています。安定した状況がしっくりこないのでしょう。乳幼児期から不安に晒され続けたために、心から安心できる環境に違和感を覚え、不安定な環境に居心地の良さを感じるようです。

もちろん、その根本的な原因も親の養育態度にあります。自分の気分や都合で豹変する親を恐れた子供は、安心できる環境を体感していないために、平和で安定した生活さえ恐れてしまいます。しかも、子供の成功を毒親が妨害し続けていた場合、ボーダーは自分が成功しそうになると毒親に壊されるのではないかと不安になり、自ら投げ出したり壊したりしてしまうのです。

この不安定な生活は、とても厄介です。健全に育っていれば安心・安定を自然と心がけるものですが、ボーダーの不安定さによって周囲は振り回されるからです。おまけに、本人は一生懸命生きているつもりで、否認や逃避といった無意識に踊らされていると気付いていません。安定した生活の心地良さを体感して、過去に擦り込まれた不安感を払拭しましょう。
スポンサーサイト



2014-11-19 : 境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害(BPD) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング