fc2ブログ

道徳教育と「いい子」

学校の「道徳の時間」が教科に格上げされて、検定教科書が使われ、成績まで評価されるようです。中央教育審議会が答申を出し、文部科学省は2018年度にも導入する方針です。戦前の教育勅語の復活を意図しているといった背景もあるようですが、毎日のように家族が殺し合うこの国で、上から目線の道徳が必要でしょうか。家族が壊れているから必要だという主張もあるかもしれませんが、こうした全体主義的な発想こそが家族を崩壊させていると私は感じています。

道徳教育には伸びやかに取り組みたい(日本経済新聞)

国が理想的な家族や人物像を提示して、子供が「いい子」を演じるように、学校が仕向けようとするのです。まさしく「機能不全国家」としか言いようがありません。その証拠が外面総理です。安倍総理は脱税疑惑が報じられると、健康問題を理由として一瞬で辞任した過去があります。最近でも、女性活用を始めとしてノーベル賞、新幹線、映画祭といった利用できる場には頻繁に登場する一方で、自分が任命した閣僚の不祥事では隠れてしまいました。彼は国民のために政治を行なっているのではなく、祖父や父親のために「良い総理」になろうとしているとしか私には思えません。

【安倍首相の脱税疑惑など】旧首相時代に安倍氏は相続税3億円を脱税していた!?他にも原発事故予防対策を拒否したり、統一教会に祝電を送ったり・・・ (真実を探すブログ)

自分で考えて、自分で決めて、自分で行動し、自分で責任を取る。そうした自律した人間に子供を導く道徳ならば歓迎します。けれども、教科書や成績を下地として共感や受容を育めるのでしょうか。教師に十分な素養が備わっているのでしょうか。道徳の時間が機能不全家族に生まれた子供を救えるような位置付けになるよう、私は願っています。

 
スポンサーサイト



2014-10-30 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング