fc2ブログ

希死念虜か自殺願望か整理しましょう

あなたが、生きていても仕方がないと感じているならば、その理由について考えてみましょう。失業したからですか。失恋したからですか。大切な人を亡くしたからですか。人間関係に疲れたからですか。家族に見放されたからですか。暴力を受けているからですか。生活に困窮しているからですか。保険金で借金を返済するためですか。人生に絶望したからですか。それとも、なんとなくそう思うのですか。

私は自殺しようと考えたことがないので見当違いかもしれませんが、自死する理由について「希死念慮」と「自殺願望」を区別した方が自分の心を整理できるのではないかと思っています。

希死念慮には、消えていなくなりたいという無意識が作用しています。自分でもよくわからないけれども、やりようのない情動に支配されて、自分の存在自体をなくしたいと感じています。それは、理不尽な被害に遭っていたり、怒りや哀しみの矛先を加害者に向けられなかったりするからです。誰にも心情を訴えることができずに、否定的な感情が飽和しているのでしょう。

一方、自殺願望には、死にたいという意識が明確に伴っています。自分の怒りや絶望を表現したい、現在の苦しみから逃れたいといった何らかの目的が存在します。目的達成のために積極的に自分の死を利用するわけです。希死念慮は自分の内側に向いた感性の現れで、自殺願望は自分の外側に向けた理性の現れと言えるでしょう。

私は、大半の自死は希死念慮が根底にあると思っています。自殺願望については論理的に自制できるかもしれませんが、希死念慮は自問自答しても解消できません。自尊心や安心感を培うことが何よりも必要です。あなたに「消えていなくなりたい」という感情があるならば、その感情も含めて自分を肯定し、少しでも心地良く感じる出来事を増やしましょう。

 
スポンサーサイト



2014-10-22 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング