fc2ブログ

後を絶たない家族間の殺人事件

また「いい子」の犯行が明らかになりました。この2週間程度でも何件も家族間の殺人事件が起きています。事情はそれぞれ異なるのでしょうが、機能不全家族と言わざるを得ません。いったい、この家族に何が起きていたのでしょうか。こうした事件に至らないまでも、一歩手前の機能不全家族が多く存在するのでしょう。

未成年が関係するとすぐに報道が途絶えてしまいますが、報道機関は事件の真相を明らかにして社会に警鐘を鳴らすべきです。このままでは悲劇は増える一方です。熊本の事件では殺人とは判断されていませんが、殺人と同等の状況と思われるので掲載します。また、ニュースサイトの記事はすぐに消えてしまうので、長文ですが引用します。

生徒会長に就任予定だった17歳 母と祖母殺害容疑(朝日新聞)
北海道南幌町(なんぽろちょう)の事務員女性(47)方で、この女性と母親(71)の遺体が見つかった事件で、道警は1日、高校2年生の三女(17)を殺人容疑で緊急逮捕し、発表した。三女は「私がやった」と容疑を認めているという。道警は動機やいきさつを詳しく調べている。
道警によると、三女は9月30日深夜から1日未明ごろにかけ、自宅にいた2人を刃物で切りつけるなどして殺害した疑いがある。捜査関係者によると、三女は当初、「(敷地内の)離れで寝ていて気づかなかった」と話していたが、その後、犯行を認め始めた。捜査員が三女を同行して女性方から約5キロ離れた公園を捜索したところ、包丁のような刃物が見つかったという。道警は凶器とみて調べている。
2人は1階と2階の部屋にそれぞれ倒れており、室内には荒らされたような形跡があったという。現場は札幌市中心部から東に約25キロの閑静な住宅地。通学する高校の教頭によると、三女は先月30日は午前中の試験を受けて帰宅したという。「明るく、信頼される生徒だった。驚いている」と話す。三女は昨春に入学し、テニス部に所属。1年生の秋ごろから生徒会活動に熱心に取り組むようになり、今月中旬には生徒会長に就任する予定だったという。

1人死亡のマンション火災後、長男自殺か 熊本(朝日新聞)
熊本市中央区の8階建てマンション6階の松野良文さん(54)方が9月30日夜に全焼し、松野さんの長女(18)が転落して死亡、次男(20)が重体となった火災で、行方が分からなくなっていた長男(25)が1日、同市内で首をつって死亡しているのが見つかった。遺書などは見つかっていないという。熊本県警は火災との関連がないかどうか調べるとともに、部屋を実況見分し、出火原因などを調べる。
県警などによると、1日午前8時ごろ、同市中央区内の商業施設の非常階段で、長男が首をつっているのを施設の従業員らが見つけ、110番通報した。調べでは、一家は5人暮らしで、出火当時、両親はともに仕事で外出中だった。次男は裸の状態で風呂場で見つかり、病院へ搬送され、意識不明になったが、呼びかけに応じる状態になったという。長女はベランダから転落したとみられている。
マンションの住民の男性(56)は、建物の外から燃えている部屋を見ている長男を目撃したという。「ぼーっと立って部屋を見て、そのまま手ぶらで立ち去っていった」と話した。

娘殺害容疑で母親逮捕(読売新聞)
銚子市豊里台の県営住宅で24日、女子中学生が死亡しているのが見つかった事件。銚子署が殺人容疑で逮捕したのは、同住宅で女子生徒と2人暮らしをしていた母親の自称パート、松谷美花容疑者(43)だった。2人を知る人たちは「仲の良い親子だったのに」と肩を落とした。
死亡したのは、中学2年、可純さん(13)。首に絞められた痕があり、銚子署は「一緒に死のうと思った」などと話した美花容疑者を逮捕した。近くの住民によると、2人は休日に一緒に出掛けるなど、仲が良い親子だった。可純さんと同じ中学校に通う娘がいる女性(35)によると、20日に開かれた中学校の体育祭では、美花容疑者が応援団の一員として活躍する可純さんを見に来ていた。
同校によると、可純さんはバレーボール部に所属。23日は匝瑳市で行われた練習試合に参加し、会場まで美花容疑者が車で迎えに来ていた。同校の教頭は「(美花容疑者は)面倒見が良すぎるくらいの人だったので驚いている」と話した。銚子署によると、美花容疑者は2年以上、家賃を滞納。銚子市社会福祉課によると、昨年4月、生活保護の受給について説明を受けに来たが、その後の申請はなかったという。

父母を包丁で刺す 19歳少年を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉・熊谷(産経ニュース)
父母を包丁で刺したとして、埼玉県警熊谷署は16日、殺人未遂の現行犯で、熊谷市内に住む自称建設作業員の少年(19)を逮捕した。同署によると「刺したことは間違いありません」と容疑を認めているという。母親は死亡し、同署は容疑を殺人に切り替え、動機などを調べる。
逮捕容疑は同日午前0時過ぎ、自宅で父親(56)と母親(50)の胸部や首などを刃渡り18センチの包丁で殺害しようとしたとしている。母親は搬送先の病院でまもなく死亡が確認され、父親も首などに重傷。同署によると、同日0時35分ごろ、父親から「包丁で刺された」と119番通報があった。同署員が現場に駆けつけた際、少年は居間の床に座り込み、父親に羽交い締めにされた状態だったという。

父刺殺:自首の長男、殺人容疑で逮捕 母親と共謀し 茨城(毎日新聞)
茨城県土浦市の旅館で平野一(まさる)さん(46)が殺害され、妻悦子容疑者(47)が殺人容疑で逮捕された事件で、同県警土浦署は20日、平野さんの長男で飲食店アルバイトの一馬容疑者(20)=同市神立東2=を同容疑で逮捕した。
逮捕容疑は今月14日午前4時15分ごろ、悦子容疑者と共謀し、自宅を兼ねた「ビジネス旅館常陸」1階の管理人室で平野さんの頭部などを刃物で切りつけて殺害したとしている。「母と一緒に父を殺したことは間違いない」と容疑を認めているという。一馬容疑者は19日午後11時ごろ、親戚に連れられ同署に自首。「母や家族が(平野さんから)度々暴行を受けていた」と供述しているという。

 
スポンサーサイト



2014-10-02 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング