fc2ブログ

伸び伸びと子供を育てているつもりになっていませんか

学校などで理不尽な要求を行なう親をモンスターペアレントと呼びますが、一時のブームが過ぎたのか最近はあまり聞きません。モンスターペアレントが減ったのか、誰も驚かないほどにどこにでもいる存在になったのか、果たしてどちらでしょう。私は、責任転嫁という点において、モンスターペアレントと同種の意識が社会に広く根ざしていると感じています。

こうした親は、子供に社会の規範を教えようとせず、好き勝手にさせることが「伸び伸びと育てる」ことだと勘違いしています。自由には責任や制限が伴うという基本的な社会の仕組みを理解できません。なぜなら、自分もそうやって親に育てられたからです。過保護過干渉や共依存が当たり前の流儀になっているので、自己と他者の境界を認識できず、自分が負うべき責任を他者に押し付けます。つまり、モンスターペアレントとは毒親でもあるわけです。

さて、モンスターというほどではなくても、子供をしつけられない親が増えています。なぜでしょう。彼ら彼女らは「いい子」になるように育てられたせいで、本心のぶつかり合いをあまり経験できず、コミュニケーション能力を磨けなかったのでしょう。だから、子供を叱ったり我慢させたりできません。正面から向き合えないのです。その結果、子供は社会の一員としての責任を学べず、公共の場で自分勝手に振る舞うようになります。

親に叱られず、我慢もさせられなかった子供は、どんな大人になるのでしょうか。ただ褒めれば良いと思っているならば大間違いです。お互いの様々な感情をやり取りしなければ、本当の信頼関係は作れず、社会性が身に付きません。自由と責任を自覚できる子供だけが、伸び伸びと成長できるのです。
スポンサーサイト



2014-09-22 : 結婚・育児 : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
そうですね、前頭前野の思考は人が制御できる範囲だと思いますが、深い情動は別の場所にあって制御しきれません。そこが難しい。正直に言うと私も上手く返事ができていないと自覚しつつ、書いています。

仰る通り「フィジカルな感覚」を大切にされると良いでしょう。私も身体的な触れ合いが回復にとって重要で、乳幼児期からの育ち直りが必要だと考えています。満たされていない無意識を抱えているはずですから。

今後も彼とお付き合いをされるのでしたら、お互いが向上できたり癒されたりするような関係になれるといいですね。交代で背中をとんとんするとか、さするとか、頬をなでるとか。安心感が増すと思います。
2014-09-23 22:57 : 清水賢一 URL : 編集
No title
清水さま

お返事、ありがとうございます。またこちらにも貼っていただけるとのこと、重ねてありがとうございます。
確かに人に好かれようとするより自分が好きになることが先決ですよね。でも、その感覚がまったく体得出来ないのが現実でもあります。頭ではそうしたら良いと思っているのに、自己を断罪する方に簡単に流れてしまいます。

私の経験では、生きづらさの症状に直接的に取り組むよりも、楽しんだりリラックスすることで気が付いたら…というのが近道というか、最近ではそれしかないような気がしたりします。
頭で考えることは散々してきたので、自分のことをよくわかっている、とよく言われます。でも、その頭が成長を阻む元凶です。残念ながら…。
今では、フィジカルな感覚が、心の深層にアクセスするチャネルで、心の成長に不可欠だと思っています。

「試したり、振り回したりする人は避けた方が賢明」ですよね…。
共依存の典型だと思っています。
私には非常に難しい、私も愛されたい、ケアされたい、と常に感じているので、多少は健全な部分があるのだと思いますが、今は相手が弟のように可愛くてしばらく現状維持していくことと思います。

また、私は本当に喋りません。「シーン」という音が聞こえるほどです。
自分では限度を超えているのでは…と思っています。と、また自分を責める思考が出てきてしまいました……。
今後ともよろしくお願いします。
2014-09-23 21:26 : そら URL : 編集
No title
そらさん、はじめまして。ご来訪ありがとうございます。私のブログをリンクして頂き感謝しています。こちらでもリンクさせて頂きますが、宜しいですか?

そらさんのブログを拝見しました。しっかりと自己分析されていますね。十分にご承知のこととは思いますが、人に好かれようと努力するよりも、まずご自身を好きになってください。ブログからの想像に過ぎませんが、そらさんはきちんと自分で生きているし、色々と悩まれている出来事は誰もが同様に思考しており、とても健全だと感じました。あとは身体の凝りをほぐせると、心にいいかもしれません。温泉とかマッサージとか。

共依存について勉強されていると思いますが、人に利用されている状況を脱しないと自分を大切にできないと思います。そらさんを試したり、振り回したりする人は避けた方が賢明かな。そらさんに余裕があれば別ですが。

それと会話って、聞き役の方が難しいと思います。相手によっては自分から話さなくても、相槌を打つだけでいいんじゃないかな。無言の時間が流れたとしても、その時間にも意味はありますよ。ずっと言葉が飛び交っている方が無理をしているように感じるし、間があった方が心地いいと私は思います。

ソマティックエクスペリエンスのHPを覗いてみましたが、とても興味を持ちました。私が真由美に行なった「添い寝」や「とんとん」の効果が認められた気がします。有益な情報をありがとう。今後ともよろしくお願い致します。
2014-09-23 19:06 : 清水賢一 URL : 編集
はじめまして
清水様、はじめまして。
AC当事者として興味深く拝見させていただいております。
実は、私のブログのブックマーク欄にこちらのリンクを貼らせていただいています。
つい普通のブックマーク感覚で無断で貼らせていただいていましたが、あらためてお願いの連絡と、もし差し支えあればすぐに削除しますので、ご連絡ください。
依頼が後になってしてしまいすみません。
どうぞよろしくお願いします。
2014-09-22 20:43 : そら URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング