fc2ブログ

近親姦と近親相姦

このブログで度々使用している「近親姦」という言葉について説明します。近親姦とは、簡単に言ってしまえば近親者による「強姦」です。私は自分の本でも敢えて「強姦」という言葉を多用しているのですが、それは事実をはっきりさせるために必要だと考えているからです。子供に対する性暴力について、日本では長らく「いたずら」という言葉が使用されていましたが、近親者に強姦されている子供が大勢存在するのです。真実をごまかしたり、ぼかしたりしてはいけません。

知識がない人は「近親姦」と「近親相姦」の違いを認識していません。私も自分が無関係な立場にいた頃は、特に考えもしませんでした。しかし、言葉を正確に運用しないと事実も歪んでしまうでしょう。子供に対する性的な暴力の定義について整理されているウェブページがありますのでご紹介します。虐待の定義にある「性的虐待」の項目には、「近親相姦という言葉も嫌いです。まるで被害者が合意の上でされたように聞こえるから。性的虐待は近親姦であって、相姦=和姦ではありません」とあります。

家族という名の強制収容所/虐待の定義/性的虐待(朔)

さて、もう一つ留意したい言葉に「性虐待」と「性的虐待」があります。被害者や支援者の中には「性的虐待」ではなく「性虐待」と称するべきだと考えている方々もいます。やはり、「性的」という表現が事実を曖昧にしているようで抵抗を感じるらしいです。日本の文化には、物事を曖昧に済ませて丸く収めようとか、なあなあで済ませようといった空気が多分に含まれています。私達は見て見ぬ振りをしてはいけません。

2023年1月11日追記
NHKクローズアップ現代「揺らぐ“中絶の権利”日本の現実は」において「近親相姦」という誤訳が行われたように、相変わらず間違った言葉が広く使われています。公認心理師の信田さよ子氏は「なぜ近親相姦と呼ばないか」というコラムで的確に解説しています。

 
スポンサーサイト



2014-09-11 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
蕁麻さん、こんばんは。
カウンセラーにも様々な方がいるので、十分な知識や技能を持たない方も少なくないと思います。ウェブページを見ていると、自分がカウンセリングを受けて回復したつもりになり、講習を受けただけで名乗っているような人もいますよね。
私は、片方の親だけを原因として機能不全家族が形成されることはないと考えています。両親揃って機能しないから子供は傷付くのです。毒母の方が感情的だったり目につきやすかったりするので、母親ばかり取り上げられるのでしょう。
でも、操作に長けているのは父親で、母親は常に父親の機嫌を損ねないように気を使っているはずです。つまり、黒幕は父親であり、「元凶は毒父」という結論に至りました。
2014-09-13 20:34 : 清水賢一 URL : 編集
No title
以前コメントさせてもらった蕁麻です。
私のブログにはカウンセラー様の方からよくメッセージがあります。
でもすべての方が毒母説で私がそれに気付いてないかのように指摘されます。
もちろん解っていますがそれより絶対的な原因は父親なのにそれに答えてくれるモノがなく鬱々してます。
>機能不全家族の元凶は毒父だと気付きましょう
と以前書かれていた事が救いになってます。
2014-09-13 09:26 : 蕁麻 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング