fc2ブログ

毒親の呪縛-2:家族の出来事を口外してはいけない

機能不全家族の多くは、外から接するだけではわかりません。まして、アダルトチルドレンを理解する機会がなかった人は、機能不全家族の存在自体を知りません。だから、家族に暴力を振るっていると誰の目にも明らかな場合くらいしか、子供が親から被害を受けているなどとは誰も考えないでしょう。そうした世間の無知につけ込んで、毒親は仲が良い理想的な家族だと周囲に思わせているのです。

私は両親との関係で問題を感じたことはありませんが、兄弟の仲は悪く、関係を修復しようとも思っていません。原因は子供の頃に受けた暴力ですが、親ではないので精神的に切り捨てるのは簡単です。家族や親戚とは何らかの問題を抱えているのが当たり前で、全く軋轢のない人はいないだろうと考えています。私の友人や同僚などと話しても、兄弟の仲が悪いという人の方が多いくらいです。

ところが毒親は、家族は仲が良くて当たり前だという幻想に囚われています。そのため、素晴らしい家族だと誰もが思うように、子供に演技を強要します。家の中では専制君主として威張り散らしているにもかかわらず、自ら率先して人当たりの良い好人物を演じています。こうした支配も親自身の自尊心の低さに起因しているので、家族の問題は隠さなければなりません。そのために「家族の出来事を口外してはいけない」という態度をとり、幼少期から子供を拘束するのです。

自尊心が高ければ、誰に何を言われようとも自分の信念を貫きます。恥ずかしい出来事が起きたとしても、恥ずかしい家族だとは思いません。しかし、他者の評価で自分を成立させている毒親は、真実の公開を断固として阻止しようとします。もしも恥ずかしい出来事が起きたならば、自分の存在価値を失ってしまうからです。そんなせこい親に従う必要はありません。あなたには、自分の身に起きた出来事を誰にでも明かす権利があります。

 
スポンサーサイト



2014-09-01 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング