fc2ブログ

程々に頑張りましょう

子供を支配する親は、自分を満足させる結果を子供に要求し続けます。しかも、自分が十分に満たされない限り子供を認めないので、子供は0か100かという価値基準を植え付けられてしまいます。すると、その子供は自分の人生を諦めるか、常に要求に応えるかという二者択一を迫られ、前者はいわゆる不良や引きこもりとなり、後者はガリ勉やいい子になるのです。

ということは、心の傷を回復させようとして必死になるならば、毒親の影響から抜けられずに事態を悪化させてしまう可能性があります。まるで、もがけばもがくほど沈んでしまう底なし沼のようです。だから、少し気持ちを緩めて、ゆっくりと回復を目指せば十分ではないでしょうか。サボるくらいが適当かもしれません。

仕事であれ、勉学であれ、頑張りすぎる必要はありません。まして、自分の欲求ではなく、誰かの要求ならば尚更です。いなしたり、受け流したりして構いません。その気になれない時は、無理をしなくていいのです。全力疾走が必要な場面はあるでしょうが、良い意味で手を抜く方法も身に付けましょう。頑張るのは程々で良いのだと自分を許す姿勢が肝要です。

   
スポンサーサイト



2014-08-14 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング