fc2ブログ

否定的な感情は昇華しなければならない

あなたが感じる生きづらさには、何らかの怒りが含まれていませんか。常に苛ついていたり、無関係の人に八つ当たりしたりするならば、怒りが底上げされています。過食嘔吐やリストカットなどの自傷行為を行なっているならば、怒りの矛先が自分に向いています。相手が怒るように仕向けているならば、自分の怒りを相手にぶつけるための準備でしょう。けれども、あなたは自分の怒りを認識していないかもしれません。あるいは、理由がよくわからない怒りを認識しているのかもしれません。

このように、論理的に自覚できない怒りを抱えているならば、乳幼児期の養育に原因がありそうです。あなたは、母親に無条件で感情を受け入れてもらえなかったために、その鬱憤が沈殿しているのです。あなたは、父親から巧妙に操作され続けたために、対決を諦めたのです。あなたは、両親が抱えていた怒りのはけ口にされていた可能性もあります。

こうした怒りが潜在意識となって、現在のあなたに影響を与えています。まず、自分と向き合って、怒りを認識できるようになりましょう。次に、その怒りが生じている本当の原因を探ってみましょう。「アンガーマネジメント」という言葉がありますが、怒りについて学ぶだけでも生きづらさを軽減できそうです。あなたは、いつでもどこでも怒っていいわけではありません。しかし、怒りを抑えてはいけません。否定的な感情は、きちんと昇華しなければならないのです。

 
スポンサーサイト



2014-05-08 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング