FC2ブログ

船戸結愛ちゃんと児童相談所に関する見解

船戸結愛ちゃんに関して私が適切だと考える記事がありましたので、いくつか紹介します。以前、「子どもの権利を理解できない大人達」という記事を私は執筆しましたが、同様の考えを持つ方は当然大勢います。

結愛ちゃんを見殺しにした児童相談所の大罪
サボタージュ職員への罰則規定が必要だ
(東洋経済ONLINE)

結愛ちゃんを殺したのは私たち大人である
親を罰しても、虐待はなくならない
(PRESIDENT Online)

日本の親が子どもを「モノ」扱いしてしまう、根本的な理由(ITmedia ビジネスオンライン)

 
スポンサーサイト



2018-06-28 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

児童相談所の能力不足

また、児童相談所の能力不足が明らかになりました。船戸結愛ちゃんを助ける機会はいくらでもあったのに、結果的に死に至らせてしまいました。結愛ちゃんに対する傷害容疑で逮捕された義父の船戸雄大容疑者は、同様の傷害容疑で二度も書類送検されていたにもかかわらず、なぜ一緒に暮らすことができたのでしょうか。少しでも子供の立場で考えられるなら、母親との関係を構築する以前に結愛ちゃんを緊急避難させるべきでした。

父親は“要注意人物” 5歳女児虐待死はなぜ防げなかったのか(文春オンライン)

そして、今日も同様のニュースが報じられています。十分な食事を与えられずに1歳9か月の男児が死亡していました。認可外保育所が再三指摘していたのに、北上市職員は適切な対応をとっていません。

男児に何も与えず、未明まで外出…1歳衰弱死(YOMIURI ONLINE)

残念ですが、この先も同様の事件が起きるのでしょう。一部の児童相談所は、健全な養育を知らない親がおり、不適切な養育は代々連鎖していると知らないようです。加害者と共依存関係にある母親は、共犯になるか見て見ぬ振りをすると知らないようです。被虐待児を助けられるのは、その子と接した真っ当な大人しかいないと理解していないようです。

 
2018-06-07 : 機能不全社会 : コメント : 1 :
ホーム

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング