FC2ブログ

馬脚を現した「アルフレッド・アドラー100の言葉」

以前より疑問を感じていた「アドラー心理学」が、とんでもない代物であると明確になりました。最初に断っておきますが、「アドラー心理学」がなぜ「心理学」なのか私には理解できません。私は、アドラー氏の個人的な思想だと受け止めています。はっきり言って「心理」でも何でもないし、特に有難いお言葉でもなく、一般的なおじさんのお説教にしか思えません。

だから、このブログではそれほど掘り下げずにスルーしていたのですが、以下の記事を読んで警鐘を鳴らさなければならないと判断しました。近年、日本で否定されている「抱き癖」に通じる思想です。乳幼児期の養育者の態度として極めて不適切であり、現在の日本では虐待に相当する行為です。私は過保護を批判しますが、保護は必要であり、自律は愛情を糧として成長に応じて進むものだと考えています。

泣きじゃくる子どもに親がすべき正解はこれだ(アルフレッド・アドラー100の言葉/DIAMOND online)

こんな暴言を有難がっている人々は、第二のヒットラーを作り出しかねません。アルフレッド・アドラー氏は1870年に生まれ、1937年に亡くなっています。そして、アドルフ・ヒトラーは1889年に生まれ、1945年4月に自殺しています。二人ともオーストリア人で、1938年にドイツはオーストリアを併合しています。

この時期のドイツはアリス・ミラー氏が指摘する「闇教育」の時代です。ヒトラーが被虐待児であったことは調査で判明していますが、同世代の子供の多くは虐待されており、被虐待児の心的外傷が増幅してナチス・ドイツを形成しました。耳障りのいい「アドラー心理学」に騙されてはいけません。

 
スポンサーサイト



2017-12-20 : 結婚・育児 : コメント : 0 :

「声優のアイコ」こと神いっき被告の控訴審判決

「声優のアイコ」こと神いっき被告の控訴審判決が下されました。合田悦三裁判長は「犯行当時、被告は平素の人格状態にあり、完全責任能力があった」と認定したようです。今更、裁判官ごときにDIDを理解できるとは思っていませんが、「平素の人格状態にある」とする合理的な根拠がどこにあるのかも理解できません。私は控訴しているとは知らなかったのですが、弁護士が無罪を求めているだけで、神いっき被告は真実を知りたいだけなのではないかと想像します。

「声優のアイコ」2審も懲役10年 「別人格」認めず、東京高裁が控訴棄却(産経ニュース)

真由美は現在も副人格と生活しているDIDという状況にはありますが、何一つ問題なく毎日過ごしています。現在の彼女に会っても、あるいは過去の彼女に会っても、誰も解離性同一性障害であるとは判断できないでしょう。どんな人格が表に出ていても外形的には何一つ違いがありません。深く関わらない限りDIDだとはわからないし、DIDを第三者が客観的に立証するのは不可能に近いでしょう。

さて、神いっき被告が産んだ子どもはどこで誰に育てられているのでしょうか。下心があったであろう「被害者」は、なぜ被害者として表に出てこないのでしょうか。神いっき被告を妊娠させた男はどこで何をしているのでしょうか。この事件は現在社会が抱えている虐待や性的搾取、無責任な父親といった様々な問題をはらんでいるのに、ジャーナリストは何をしているのでしょうか。

 
2017-12-14 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

孤独な少女を正しく理解している「にんしんSOS東京」

妊娠して、孤立している女性を継続的に支援する「にんしんSOS東京」という組織(一般社団法人)があります。2015年12月に相談支援窓口を開設し、看護師、保健師、助産師、医師や社会福祉士らが届いたSOSを受け止めているそうです。

虐待、暴力…… 妊娠を誰にも言えなかった「10代女子の漂流」(AERAdot.)

相談は無料で、電話やメールで応対してくれます。特に、以下の4つの機能を担っているという点で、行政などが用意するありきたりの組織や素人公務員とは一線を画しているだろうと私は予想します。親に支配されている、精神的に孤独な少女を正しく理解していると思われるからです。

役割的機能:その子自身の環境や生態系になる:大きな家族だったり親戚だったりコミュニティの代わりになる
情緒的機能:愛着アタッチメントやレジリエンスを助ける
評価的機能:エンパワメントする自己肯定感が高まる
情報的機能:医療・福祉・司法の専門家がいて正しい情報が得られる・道具やスキルが手に入れられる

上記の記事や「にんしんSOS東京」のウェブページを一読しましたが、こうした組織が支援の窓口となることで、さらに支援を得られるのではないかと感じました。東京だけではなく、全国に広がるといいですね。

 
2017-12-10 : 機能不全家族 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

子どもの権利を理解できない大人達

喫煙文化研究会なる団体?が、緊急シンポジウム「たばこはそんなに悪いのですか?2017」を開催したそうです。作曲家で同研究会代表のすぎやまこういちさんやジャーナリストの山路徹さん、経済アナリストの森永卓郎さんらが登壇し、行き過ぎた喫煙規制に警鐘を鳴らしたというのですが、その頓珍漢な主張に呆れてこの記事を書いています。

「たばこはそんなに悪いのですか?」 すぎやまこういち、山路徹、森永卓郎らが「禁煙ファシズム」と行き過ぎた規制を批判(ライブドアニュース)

かつて、元東京都知事の猪瀬直樹氏は「喫煙権」なる摩訶不思議な権利を主張していましたが、喫煙者が少数となった現時点でもこうした連中は勉強する気はないようです。ネット上を検索すれば、受動喫煙から子どもが守られなければならない理由はいくらでも明示されています。

子供に受動喫煙させることは、死に至る児童虐待ということが理解できない方へ(More Access! More Fun!)

「俺様の子どもは俺の所有物なんだから他人がとやかく言うんじゃないよ!」という傲慢な態度は、虐待者の態度そのものです。乳児や幼児が親に喫煙をやめさせることはできません。「お前の子どもには多額の税金が投入され、社会が見守って育てているんだよ!」と言いたくなります。こうした自己中心的な人物は、子育てにも無関心だったりするのではないでしょうか。

 
2017-12-07 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング