FC2ブログ

「声優のアイコ」を名乗った神いっき被告が再び証言

「声優のアイコ」を名乗り、昏睡強盗罪などに問われた神いっき被告の被告人質問が開かれました。私は、「神いっき公判で『声優のアイコ』は『ミサキ』と判明」という記事で、ミサキに証言して欲しいと記述しましたが、今回の質問にミサキは出てきませんでした。被害者とされる男性の証言が報道されていませんが、解離性同一性障害(DID)にばかり関心が集まってしまい、事実関係が曖昧なまま結審するしかなさそうです。

「声優のアイコ」、別人格呼び出しやりとり可能に(スポーツ報知)

「声優のアイコ」法廷で「どう謝ったらいいかわからない」(TBS News i)

神いっき被告は、交代人格(副人格)とノートの記述を通じてやり取りできるようになったそうですが、まだ脳内の会話はできていないようです。また、出産した子供について「すぐに迎えに行けなくてごめんなって思っています」と述べ、「自分は親がいることが苦しかった」とも振り返っています。やはり、機能不全家族に生まれ育ち、何らかの虐待行為を受けてDIDになったと考えられます。

強盗は罪が重いので実刑となる可能性は低くないでしょう。そうなった場合に子供は、これからも母親と引き裂かれてしまうのでしょうか。また、神いっき被告の場合は、男性人格が主人格となって生活していたわけですが、性同一性障害だとしても性別適合手術を受けておらず、戸籍は女性のままだと思います。おそらく、男性刑務所ではなく、女性刑務所に収監されるのでしょう。刑務所の中であっても子供と暮らすことはできないのでしょうか。愛着を形成する重要な時間を子供から奪ってはいけません。

 
スポンサーサイト



2017-02-01 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング