FC2ブログ

何が虐待へ向かわせるのか〜MSN産経ニュースより

虐待の要因に、母親の孤立があると言われています。私は、母親の生育歴の影響が大きいと考えていますが、それだけで虐待に至るわけでもありません。夫、つまり子供の父親の子育てへの関わり方が、機能不全家族の原因となり、虐待を生じさせてしまうのだろうと推定しています。夫婦のどちらかがある程度健全であれば、マイナス面を補って「虐待」という程の事態には発展せずに済むはずです。

父親が支配している家庭で育った女性が母親になると、自己主張ができず夫に服従しやすくなるでしょう。過保護過干渉の母親に育てられた女性が母親になると、子育てを自分で抱えなければならないと考えてしまうかもしれません。あるいは、ネグレクトされて育った母親は、どのように子供を育てたらいいのかわかりません。そういった諸々の事情を抱えながら、ろくに眠れない生活で乳児を世話しなければならず、夫や親にも頼れないならば、そのフラストレーションが子供に向かうのは必然です。

厚生労働省の推計(平成18年度)によると、全国の母子家庭は75万世帯で、平均年収は213万円だそうです。しかも、離婚した父親から養育費を「受けたことがない」と答えた母子家庭が59%にも達します。ということは、「最初は受け取った」とか「たまに受けとった」場合を除外すれば、30%程度の父親しか養育費を払っていないのでしょう。父親が養育費を払っていないならば、その父親は子育てにも関わっていなかったと判断せざるを得ません。つまり、経済的に困窮する以前に、父親は子供をネグレクトしているのです。

フランスでは養育費は元夫の給料から天引きされ、不履行には刑事罰が科されるというのに、日本では父親は無罪放免です。その父親の責任は、多くの場合母親に転嫁され、場合によっては内縁の夫にもしわ寄せが来るのです。こうした複合的な要因を背景として、貧困や虐待が問題となっていると社会は理解すべきです。

(1)産後鬱で「暴力的な衝動」 わが子に「負の刃」

(2)多胎児の子育て 積み重なる負担、孤立化

(3)子育ての「私事化」 地域・社会から切り離され

(4)孤立を防ぐ 「虐待しなかったのはネットのおかげ…」

(5)保健師のいる街 家庭訪問で悩み発見

「夫に早く帰ってきてほしい」 子育てに「不満」と「孤立」…読者の声

 
スポンサーサイト



2015-11-30 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :

それでも撲滅できないのか〜MSN産経ニュースより

虐待を防止するために、欧米社会では神経質と思えるくらいに注意を払っています。夫婦の言い争いで通報されたり、子供に痣があれば虐待と認定されたりするように、社会が親を監視しているような状況です。そうした環境に「子育てがしづらい国に来てしまった」と感じていた日本人の母親は、それでも「行きすぎくらいでないと救える命も救えない」と考えるようになったそうです。

その結果は、ニューハンプシャー大学のデービッド・フィンケルホー教授の研究にも現れています。米国の児童虐待の件数は1992年をピークに減少傾向にあり、身体的虐待は16年間で55%減り、性的虐待は同じ期間に58%減っています。C-PTSDという概念を提唱したハーバード大学のジュディス・ハーマン教授も、最初は疑いを持ちながら各種の調査を分析していますが、米国では性虐待が減少したと結論付けています。

今回の記事では、虐待における日本の対応は、欧米に比べて30年は遅れていると指摘されています。そして、その印象は精神医療でも同様です。すべての関係者が不十分なわけではありませんが、虐待や精神医療において日本は発展途上国です。少しでも先進国に追いつくために、虐待を減少させるために、機能不全家族の連鎖を絶って、毒親が生まれないようにしなければなりません。

(1)「虐待大国」アメリカは介入先進国 「行きすぎ」くらいでないと救えない

(2)アメリカの「大阪2児遺棄事件」 ネグレクトは貧困に巣くう

(3)江戸時代にも虐待はあった…せっかん死の親は打ち首

(4)怒鳴りながら父は娘を殴った…文学に現れたる虐待の近現代史

(5)虐待した親を治療する 命を失った子供に謝罪するくらいなら…

「虐待親を甘やかすな」「父親は育児を母親に押しつけすぎ」…海外読者の声

 
2015-11-27 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :

なぜ親は一線を越えるのか〜MSN産経ニュースより

今回の連載では、しつけと虐待はどう違うのか考察しています。はっきりと線を引けないというのが大方の見方のようですが、体罰は全て間違っています。私の自省もあって確信していますが、お尻であっても、手加減しても叩いてはいけません。叩かれた子供は、理由があれば叩いてもいいのだと学びます。

体罰は、受容と共感の正反対に位置する行為であり、信頼関係の構築には何一つ役立ちません。しつけには愛情が欠かせないし、愛情さえあれば足りるのです。乳幼児期に感情のキャッチボールを行ない、子供の我がままを受け入れて、転んだりぶつけたりした子供の痛みに寄り添っていれば、その子供は健全に育ちます。

そうした最も基礎となる養育を受けられなかった子供が、扱いにくい子供になって、養育者から叩かれているわけです。そして、子供を叩く養育者自身も、十分な愛情を得られずに育っている場合が多く、いわゆる「虐待の連鎖」として現れます。つまり、根底には情緒的な虐待が存在するのであり、負のスパイラル構造を明らかにして警鐘を鳴らせれば、より意味のある記事になっただろうと思います。

(1)「しつけのため」口そろえる虐待親たち 便利な言葉で正当化

(2)しつけと虐待の線引きは? 「体罰」容認で判然とせず

(3)親の「懲戒権」 虐待正当化に使われる112年前の法律

(4)「マムズ・ボーイフレンド」 ママの彼氏…虐待リスクに

(5)支援から逃げる親たち 児相からの手紙、黙殺した母

「お尻ぺんぺん『正解』か自信ない」「叩かれた娘、大人の顔色観察」…読者の声

 
2015-11-25 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 3 :

なぜ虐待死は防げないのか〜MSN産経ニュースより

乳幼児に対する虐待やネグレクトがエスカレートして、子供を死に至らせてしまう事件が後を絶ちません。親などの養育者が問題を抱えているという事情は誰もが知る通りですが、一方で公的機関などの担当者にもいくつもの事情が存在します。MSN産経ニュースでは、そうした背景にも目を向けて丁寧に取材していました。

以下の記事では、「子ども家庭支援センター」が小学校へ対応を任せきりにしたとか、小学校の元校長が再雇用されて職員になっていたとか、行政の機能不全ぶりも明らかになっています。また、警察官がネグレクトしている両親に対応し、職員がゴミの山の中にいた女児を発見した状況など、通常では有り得ない環境に子供がおかれている事実に驚かされるばかりです。こうした対応で、子供を安全な環境に保護するという視点は正しいと思います。しかし、親が抱えている問題も含めて解決しなければ、最悪の事態を招くことになると、関係者は肝に銘じるべきでしょう。

後半では、大阪で起きた二児餓死事件について触れていますが、子供を置き去りにした母親は解離性障害の可能性が高く、もしかすると解離性同一性障害かもしれないと私は考えています。解離性障害の原因としては長期に渡る近親姦が考えられます。また、性暴力の被害者には性的逸脱行為というC-PTSDの反応が見られます。

この事件は、両親から愛情を得られず、夫からも見捨てられた女性が、二人の幼児を抱えて途方に暮れてしまった出来事です。親から不適切に扱われた子供は、誰にも助けを求めません。機会があれば、この件について触れようと思いますが、虐待やネグレクトを表面的に捉えるだけでは子供を救えないのです。

(1)そのとき学校は 海渡君事件で起きた「ボタンのかけ違い」

(2)そのとき児相は 20年間で虐待38倍、職員は2倍…「最後の砦」対応に限界

(3)そのとき病院は 判断、通告…2つの「ためらい」

(4)そのとき警察は 「家庭に入らず」は昔話 福祉と刑事“呉越同舟”

(5)そのとき地域は 通報への「迷い」を乗り越えて

「通報めぐり葛藤」「『児童相談署』へ格上げを」…読者の反響

「児相に任せず警察も介入を」 専門家、大阪2児遺棄受け

「父親に責任はないのか」「一刻も早く立ち入りを」 大阪2児遺棄に読者の声

福祉の「支援」に近づかない母親たち 大阪2児遺棄

風俗の仕事つらく気持ち分かるけど… 歌舞伎町託児所ルポ

子供の命救え 広がる「110番」 泣き声や異常の通報が急増

 
2015-11-23 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :

虐待はどんな傷を残すのか〜MSN産経ニュースより

引き続き「MSN産経ニュース」を読んでいますが、虐待のオンパレードに心が痛みます。1972年に発覚した監禁事件は、本当に日本でこんなことがあったのかと驚く他ありません。6歳女児と5歳男児の姉弟が実父により、犬小屋同然のトタン小屋で1年半も監禁され、身体と知能ともに1歳半程度の状況で救出されたそうです。それでも、保育士との愛着の成立によって目覚ましく回復し、現在40代後半であろう二人は子供も授かって健康に暮らしているようです。

また、愛知県立子供病院「あいち小児保健医療総合センター」では、性的虐待で受診した3~18歳の男女158人の84%が解離性障害と診断されたそうです。解離性障害を専門とする、日本では性的虐待が少ないと国際学会で発表した精神科医は、この事実をどう説明するのでしょうか。根拠のない風説を流布するのはやめて欲しいものです。

(1)親から認められぬ子供 「自分の存在価値が分からない」

(2)「お母さん!」と絵は叫ぶ 海渡君が遺した「クマの母子」

(3)“犬小屋”に2児を監禁1年半 「究極のネグレクト」回復の鍵は「愛着」

(4)「ママが来る! 怒られる!」夜泣きする子供たち 矛盾噴出の児童養護施設

(5)慢性トラウマ、脳に影響 性的虐待の8割に解離性障害「今、手を打たねば」

「私はサンドバッグ…気絶するほど殴られた」「ささいな言葉が救いに」 読者の反響次々

  
2015-11-20 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :

なぜわが子を傷つけるのか〜MSN産経ニュースより

「ペット虐待」という言葉があるそうです。下記の事件は、フェイスブックに動画を公開していた幼稚さに唖然とするばかりですが、小動物を虐待する子供がそのまま養育者になったようで、異常としか言いようがありません。他にも、面白がって乳幼児をオーブンに入れたり洗濯機に入れたりする親がいるようですが、彼ら彼女らも被虐待児だったというような説明では理解できません。

2歳児にたばこ吸わせ、動画公開した疑い 24歳父と16歳少女逮捕(産経WEST)

少し古い情報ですが、MSN産経ニュースで「なぜわが子を傷つけるのか」という特集が組まれていました。私は身体的な虐待やネグレクトに関して詳しいわけではないのですが、かなり酷い虐待がリアルにまとめられています。

(1)息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待

(2)虐待の「世代間伝達」 愛されなかった過去…親への憎しみ、娘に

(3)泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち

(4)小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに

(5)子供、地域で支えて 躊躇しない態勢作り

「男性のサポート絶対必要」「常軌逸した親、理解できぬ」…読者の反響続々

第二次大戦の終戦直後は、誰もが生きていくのに必死で、戦争孤児などは悲惨な生活を強いられたのだろうと想像できます。しかし、現代の虐待のような意味不明な暴力を受けた子供は、それほど多くはなかったでしょう。心に深刻な傷を負わせる暴力が広がっていると私は感じますが、本当に「なぜ」としか表現しようがありません。

 
2015-11-18 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 2 :

PTSDに有効なPE(Prolonged Exposure)法

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を標的とした治療法の中で、最も確実に有効であると言われている「PE(Prolonged Exposure)法」が、武蔵野大学心理臨床センターのウェブページで解説されています。日本語では「持続エクスポージャー法」と呼び、決まった手順で進める集中的な認知行動療法の一つだそうです。心理臨床センター長の小西聖子教授は、信頼できる臨床心理士及び精神科医でもあります。

PE(Prolonged Exposure)法とは(武蔵野大学心理臨床センター)

PE治療ができない場合として、「トラウマの明確な記憶がない、もしくは記憶が不十分である場合」と説明されていますので、解離性同一性障害(DID)のような最も重いC-PTSDは適用外ということになります。ただし、当ブログの「PTSDに対する心理療法『EMDR』」でも述べましたが、記憶を保持している人格に対して行なう場合は、「記憶がない」ということにはなりません。しかし一方で、トラウマの再体験による慣れを指向しているようにも見えるので、曝露によって悪化する事態も懸念されます。中程度のPTSD向けと理解した方がいいのかもしれませんが、必要性を感じる方は検討する価値があると思います。

 
2015-11-16 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :

人格障害と発達障害

精神医療の診断基準となるDSM(アメリカ精神医学会が作成する精神障害の診断と統計マニュアル)では、脳神経などの機能的な原因ではなく、心理的な原因によって対人関係などに問題を抱えている人を人格障害(パーソナリティ障害)として括っています。しかも、曖昧で主観的な要件に基づいて、境界性パーソナリティ障害であるとか、反社会性パーソナリティ障害であるなどと、10種類もの細分化がなされています。

パーソナリティー障害(人格障害)(KOMPAS:慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト)

この基準は、精神科医にとっては診断しやすい目安と言えるのでしょうが、当事者にとっては必ずしも有益ではありません。なぜなら、科学的な根拠が乏しいからです。科学的な根拠が曖昧なのに、薬剤を投与するための病名を付けられ、根本的な要因がおざなりにされかねないからです。その人が、人格に問題を抱えているという状況は、ある程度判断できるでしょう。しかし、私は、健常者とされる人々と人格障害とされる人々に線を引けるとは思えません。根本的な原因は乳幼児期の心的外傷であり、その反応が青年期以降に表面化しているのだから、「障害」という分類自体に違和感を覚えます。さらには、英語の「disorder」は「障害」と訳していいのかという疑問も持っています。

そして、人格障害と同様に分類されているのが発達障害です。環境化学物質の影響で脳神経に損傷があるとしても、その程度は千差万別であり、症状とされる特長も多岐に渡ります。しかも、愛着障害との錯誤もある上に、不適切な養育が状況を悪化させる原因になり得るのです。ということは、人格障害とされる人々の中には、発達障害に起因して愛着障害に陥り、人格障害に発展したというケースもあるはずです。DSMのように細かく分類する意図は理解できますが、それは医療側の都合にすぎません。我々はそうした都合に振り回されないように、一人ひとりの当事者と向き合うべきです。

 
2015-11-13 : 境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害(BPD) : コメント : 0 :

発達障害と愛着障害

発達障害とは、環境化学物質によって胎児の脳神経細胞が損傷を受けた結果、知能や思考などに何らかの偏りが見られる状況だと私は考えています。一方、愛着障害とは、乳幼児期に受けた不適切な養育を原因として、感情表現や対人関係に問題を抱えている状況だと私は考えています。両者は、全く異なる原因であるにもかかわらず、医療現場でさえ混同されている場合も少なくないのではないかと感じます。

例えば、小学校の教室で座って授業を受けられない子供が、注意欠陥多動性障害(AD/HD:Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder)なのか、愛情飢餓で落ち着きがないのか、その状況だけでは判断できないでしょう。あるいは、いつも黙っていて誰とも話そうとしない子供が、知能に遅れがない高機能自閉症なのか、虐待を原因とする場面緘黙症なのか、数回,数時間の観察で診断できるのでしょうか。

もっと言えば、発達障害の上に愛着障害を抱えている子供もいるはずです。発達障害に起因する育てにくさによって、親が子供に愛情を注がなくなり、さらに騒いだり、暴れたり、内に籠ったりして、悪化しているのかもしれません。特に、毒親は、責任を回避するために発達障害という診断を欲しがり、条件に沿うように子供の様子を話します。しかも、自分は愛情をたっぷり子供に注いでいると確信しており、操作や共依存の自覚はありません。つまり、安易に発達障害という診断が下されやすく、結果として愛着障害が見落とされてしまう可能性は低くないのです。

現に、医療少年院に勤めていた精神科医は、発達障害と診断されている子供の約半数は愛着障害ではないかと自著で指摘しています。発達障害であっても支持的な養育によって効果を得られるでしょうが、愛着障害なら何よりも愛情のある養育によって回復が見込めるはずです。発達障害という間違った診断のせいで、わざわざ回復を遠ざけられている子供がいるとしたらやりきれません。慎重な判断を望みます。

 
2015-11-11 : 境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害(BPD) : コメント : 0 :

愛着障害と人格障害

愛着とは無償の愛情によって形成される絆だと私は理解していますが、一方的に押し付ける愛情ではなく、親が子を思いやる愛情を継続して作られる関係だと捉えています。具体的には、感情のキャッチボールやスキンシップといった行為の積み重ねであり、何よりも乳幼児を一人の人間として尊重することが重要です。無償の愛情で守られた乳幼児は、この世の中は安心できる場所であり、人を信頼することは素晴らしいことだと感覚的に学びます。

ところが、愛情を履き違えている母親や父親などの養育者は、乳幼児に対して感情を押し付けたり、見返りを求めたりします。自分の気分次第で喜んだり怒ったり、抱っこしたりしなかったりするのです。そんなことをされれば、何もわからない乳幼児は混乱し、不安になり、生きていくために自分の感情を抑えるようになってしまいます。自分の居場所がないと感じながら、両親の愛情を得ようと必死になり、もがき続けます。そして、こうした感情は全て無意識に擦り込まれ、その子供を一生支配する呪縛となります。それが、愛着障害です。

愛着障害を抱えた子供がそのまま成長すると、無意識の感情が暴力、自傷、依存、拒食、過食、自死などとして思春期〜青年期に表現され、アダルトチルドレンとされる状況に陥ります。さらに、心の傷が深い場合には人格障害(パーソナリティ障害)として認識できる問題へと発展します。つまり、愛着障害、アダルトチルドレン、人格障害は精神医療などが年齢や状況に応じて付けた分類や概念にすぎません。すべて養育を原因とする同じ心的外傷です。

自分の親が毒親だったとわかるのは、一般的に成人後だと思います。思春期までに親を否定できる子供は少ないでしょう。しかし、大人になってから気付いたのでは、回復に時間がかかってしまいます。だから、周囲の大人ができるだけ早く傷付いた子供を回復に導かなければならないし、思春期には自分で心の傷に気付ける社会を築かなければなりません。

 
2015-11-09 : 境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害(BPD) : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング