fc2ブログ

毒親、特に毒母は嫉妬する

誰でも、人に好かれたい、人から良く思われたいと望んでいます。だから、自分よりも優秀な人に出会ったり、異性から好意を抱かれている人を見たりすると、時には嫉妬するかもしれません。嫉妬する感情は人として当然備えており、原動力として上手く利用できれば、自分を高めることも可能です。一方で、その感情を否定的な言動として表現してしまうと、相手を傷付けてしまうでしょう。

そうやって子供を傷付けているのが毒親、特に毒母です。親が子供に対して嫉妬している時点で、親として破綻しているとしか言いようがありませんが、この嫉妬心が子供を否定する一因になっています。子供を否定する毒母は、自分自身が子供の頃に否定されて育っています。だから、自分の子供が他人から評価を得ても肯定的に受け止められず、無意識に抱えている自分の親への不満が反応して、子供に嫉妬するのです。その結果、子供の能力を正当に評価できなくなり、批判や罵倒によって自分を守ろうとします。しかも、優秀であればあるほど子供を認めようとはしなくなり、達成不可能な要求を突きつけて「ほら、お前はダメな奴だ!」と貶めるのです。

なんと歪んだ心根でしょう。子供の頃にこうした親の間違いに気付けば、深い傷にならずに済むと思います。けれども、社会を広く見渡せない、多くの大人と深く関わっていない子供には到底無理な話です。毒母の嫉妬心は「人生を成功させてはいけない」という呪縛となって、子供の無意識に巣食います。でも、あなたが親から否定されて育ったとわかったならば、もう一歩踏み込んでその仕組みを理解してください。そうすれば、毒母とは距離を置きやすくなり、自分のために努力できるのではないでしょうか。

 
スポンサーサイト



2015-09-30 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

毒親、特に毒母は覚えていない

人の記憶は曖昧ですが、それは日常に埋没してしまうような些細な出来事だったり、毎日繰り返しているような定型作業だったりするからです。衝撃的な出来事や喜怒哀楽に大きく関わる出来事などは、遠い昔の記憶であったとしても失いません。そして、自分がとても後悔している言動とか、何らかの被害を受けた状況などは、特に明確に覚えているものです。なぜなら、その後も反復して思い出しているからです。

さて、自分にとって都合の悪い出来事について、都合良く忘れてしまう人々がいます。それが毒親であり、特に毒母は決まり文句のように「知らない」「覚えていない」と答えます。それは、ただ単にとぼけているのではなく、本当に記憶がない場合もあるようです。子供が心に傷を負うような出来事でも、毒母にとっては日常茶飯事なのです。被害者は被害を忘れませんが、加害者は加害行為なんて記憶に留める必要がないわけです。

だから、機能不全家族に育った子供が、毒母や毒父に過去の謝罪を求めても徒労に終わります。謝罪とは、自分の行ないに非があると認識し、さらに後悔した上で自発的に成り立つ行為です。覚えていない、もしくは思い出す気がない、とぼけてやり過ごそうとしている毒母や毒父には不可能です。「覚えてないの!」と怒りをぶつけたところで、暖簾に腕押し、糠に釘、馬の耳に念仏、馬耳東風となり、あなたは疲れ果ててしまうでしょう。毒母が「覚えていない」と言ったならば、「ああそう」と諦めるしかありません。

 
2015-09-28 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

毒親、特に毒母は罪悪感で支配する

罪悪感とは、自分が悪い、自分に非がある罪があると考えて、自分は罰せられても仕方がないと感じている状況です。うっかり物を壊してしまったり、必要以上に誰かと衝突してしまったりすれば、誰でも反省して謝ろうとします。特に幼い頃は自分の正当性を主張せずに、素直に自分の感情と向き合います。いわゆる自省です。

その時に親が子供の過ちを受容して、その感情に共感していれば、子供は自分の非を認められる人間に成長します。また、受容と共感も身に付いて、他者を受容し、他者に共感できる人間に成長します。ところが、親が執拗に子供を責めたならば、子供は萎縮してしまい、親を怒らせないように努めます。何かが起きれば自分に非があると考えてしまい、悪いのは自分だと決め付けたり諦めたりしてしまいます。

毒親、特に毒母は常に「あなたが悪い」「あなたが間違っている」というメッセージを発信し続け、子供に罪悪感を抱かせるのです。泣き落としたり否定したりする態度と繋がっているのですが、責任転嫁によって植え付けた罪悪感を利用して、子供を自在にコントロールできるように支配します。そして、その支配は子供が成人しても続くのです。なぜなら、その子供は成人しても、毒母に植え付けられた罪悪感を手放せないからです。

それは、無意識に罪悪感を擦り込まれた状態で、人生の様々なシーンで自分を罰する悪影響を与え続けます。自傷行為はその典型です。嗜癖も実質的には自傷行為と変わりありません。罪悪感の反動では自分の非を認めない場面を作り出します。八つ当たりの原因にもなるでしょう。そうなれば対人関係は上手くいきません。

乳幼児期から擦り込まれた無意識はとても強固です。まず、その無意識を意識化しなければなりません。罪悪感を擦り込まれた仕組みを理解して、本当に自分が悪いのかどうか物事を見つめ直しましょう。そうすれば、必ずしも自分に非がないとわかるはずです。少しずつでも構わないので、擦り込まれた罪悪感を毒母に返すのです。

 
2015-09-25 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

毒親、特に毒母は監視する

親が子供に目を配るのは当然です。物を掴めるようになったら、異物を口に入れないように制止します。よちよち歩きを始めたら、階段から落ちてしまわないように予防します。走れるようになったら、道路に飛び出さないように手を繋ぎます。幼稚園では友達ができたか、小学校ではいじめられていないか、中学校では勉強が遅れていないかと心配しながら、子供の成長を見守ります。そう、健全な親は子供を見守るのです。

見守るという行為は、必要以上に手を出さない、口を挟まない、干渉しない態度です。なぜなら、それが自律を促す、成長に欠かせない養育だから。自分で考えて、自分で決めて、自分で実行して、自分で責任をとる。そうした自分の人生を生きるための大原則は、見守りによって授けられます。ところが、この大原則を少しも理解していない親がいます。それが毒親で、特に毒母は子供を監視します。毎日の行動、着ている服、友人、恋人どころか、友人や恋人の行動まで監視します。

確かに、子供が小学校に入る頃までは、目を離せない面はあるでしょう。あるいは、育児放棄(ネグレクト)に比べれば、監視している方がマシかもしれません。しかし、毒母は子供を支配したいだけで、道具のように操って自己満足を得るのです。親が子供の成長に応じて自主性を尊重できないならば、間違いなく子供は抑圧感や嫌悪感を抱くでしょう。そして、その感情は心の傷となり、思春期頃には問題行動へと発展します。

しかも、毒母の監視は子供の頃だけではありません。毒母が生きている限り続きます。結婚した娘や息子の家に勝手に上がり込んで片付けようとしたり、娘や息子の子育てに文句を付けたり、介護される身になってさえあれこれと指図するでしょう。自分の人生を生きていない毒母は、子供を監視する態度が異常だとは絶対に気付きません。きっぱりと「やめてください」と言い続けないと、永遠にあなたの人生をむしばみます。

 
2015-09-23 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

毒親、特に毒母は泣き落とそうとする

乳児はお腹が空けば泣き、どこかが痛ければ泣き、おむつが濡れて不快に感じても泣きます。笑ったり泣いたり、時には驚いたりして自分の意志を伝えようとします。それは、他に方法がないからです。一方で幼児は喜怒哀楽が明確になり、自分の思いを言葉で伝えようとしますが、嘘泣きを使うようにもなります。それは、まだ言葉が不十分で、親などに甘えているのであり、受容して欲しいからです。そして、受容してもらった幼児は、次の段階へと成長できます。

人はそうやって、未熟だったコミュニケーションを次第に成熟させていき、お互いを理解して信頼関係を構築します。ところが、嘘泣きを大人になっても続けている人種がいます。それが毒親であり、特に毒母は泣き落として自分の要求を通そうとします。「私が哀しいのはあなたのせいよ」と自分の責任を子供に転嫁して、罪悪感を植え付けようとします。親に泣かれた子供は対処に困ると知っているのです。つまり、我がままであり、駄々を捏ねているわけですが、それを親が子供に対して行なうとは呆れるほかありません。

幼少期の子供と母親であろうと、介護する子供と老母であろうと、毒母が泣き落としで我を通そうとする仕組みは変わりません。毒母は泣けば済むと思っています。しかし、これも子供に対する操作、不適切なコントロールです。その手に乗ってはいけません。不幸な毒母は、健全なコミュニケーションを親から教えてもらえずに育ったのです。今さら直そうとしても手遅れです。だから、あなたはこうした振り回しには付き合わずに、淡々と受け流して構いません。

 
2015-09-21 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

熊谷6人殺害事件と性的虐待の因果関係

埼玉県熊谷市で小学生2人を含む男女6人を殺害したとみられるペルー人ナカダ容疑者の兄が、過去に17人(本人は25人と発言)もの殺人を行なっていたことが判明しました。機能不全家族としか言いようがない環境に生まれ育った兄は、親からの暴力に加え、年長の兄からは性的虐待を受けていました。

【熊谷6人殺害犯】心の闇を育てた“悪魔の家庭”(東スポWeb)

「子猫を生きたまま油で揚げたり、フライパンで焼くなどの動物虐待も行っていた」とありますが、性的虐待を受けていた子供が猫を虐殺した事例は幾つも存在します。(高橋三恵子著「フラッシュバック」/坂上香著「ライファーズ」/中嶋一成、宮城由江著「心への侵入」)また、小動物への虐待は、虐待を受けている子供が発しているサインだという認識は今や常識です。

熊谷の事件で犯人と見られているナカダ容疑者は、10人きょうだいの末っ子です。「誰かに追いかけられている。自分は殺される」といった統合失調症と思われる発言も行なっていました。ということは、彼も身体的虐待とともに性的虐待を受けていた可能性が高いでしょう。無意識に無差別殺人の衝動を抱えていても不思議ではなく、その衝動が事件を起こしたという因果関係は十分に有り得ます。性的虐待は子供に深刻な心的外傷を与え、思春期以降の残虐な事件に繋がりかねないのです。

以前、私は「パプアニューギニアで娘が父親の首を切断」という記事を書きましたが、自分を守るべき存在から傷付けられた子供には、言葉にできないほどの激情が生じます。神戸連続殺傷事件の少年A、同級生を殺害した佐世保の高校生、その他にも少年による残虐事件は数多く起きています。子供のサインを見落とさなければ、こうした事件を防いで、被害を受けている子供を救出できたはずです。私達はこのような痛ましい事件が起きない社会を築かなければなりません。

 
2015-09-19 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

毒親、特に毒母はなかったことにする

子供が転んで泣いていたら「痛かったね」と共感して、「大丈夫だよ」と安心感を与えるのが大人の役割です。スポーツで負けたり演奏で失敗したりした場合でも、大人の役割は変わりません。悪い出来事があったとしても、その後の対応によって人は成長できるのだと大人は子供に教えなければなりません。ところが、こうした大人の役割を少しも理解していない親がいます。それが毒親であり、特に毒母は「忘れなさい」とか「もういいから」とか言って、何もなかったことにしようとします。

なぜ、毒母は事実を否定しようとするのでしょうか。それは、自分がその出来事と向き合いたくないからです。ただただ自分が可愛いだけで、自分が抱いた感情に蓋をして済ませてしまおうとします。子供の気持ちなんて少しも想像していませんし、慈しもうともしません。毒母には、その状況において自分がどう振る舞うべきかなどと考える力がありません。だから、実父や実兄が娘や妹を強姦するような最悪の事態が起きても、何もなかったことにして子供を癒そうともしないのです。

こうした毒母に育てられたならば、その子供は感情を昇華する機会を奪われ、感情は封印するものだと学ぶでしょう。しかし、感情そのものは自然に湧き出すものだから、抑圧された感情は溜まり続け、思春期になって飽和してしまいます。怒りや哀しみといった否定的な感情はなかったことにはできません。あなたに封印している感情があるならば、慎重に取り出してその感情を再体験し、癒しを与える必要があります。

 
2015-09-18 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

毒親、特に毒母は反省を知らない

親は子供を褒める役割を担っていますが、一方で子供を叱るのも親の務めです。子供は親から善悪を学び、コミュニケーション能力を身に付けるのですから。しかし、親が毒親だった場合には子供を叱る理由が必ずしも正当ではなく、子供はただの八つ当たりのはけ口にされたりします。そもそも、毒親は自分の非を認めようとせず、常に責任転嫁しか考えていません。だから、最も弱く、最も身近な存在である子供に、余計にしわ寄せが及びます。

それでも、毒父に比べて毒母は子供に謝る場合があります。「ごめんね」とか「悪かった」とか、色々と言い訳しながら許しを請います。けれども、毒母は口先では謝るものの、演技しているだけで本当に反省しているわけではありません。面倒臭いから謝っているだけ。物事と向き合ったり、自分と向き合ったりできない毒母は、客観的に自分の行ないを振り返ろうとしません。反省なんてできるわけがないのです。

あなたが苛つく理由は、毒母に反省を求めているからではありませんか。子供に対して不適切な養育を行なったと認めて欲しいからではありませんか。自分は悪くなかったと確認したいからではありませんか。残念ながら、その願望は叶いません。反省できないから毒母になっているのです。自分が愛されなかった子供だと認めることは、とても辛く寂しく、絶望してしまう選択かもしれません。でも、あなたが現実を受け入れて、その感情を癒すことができれば、少しずつ穏やかな心を取り戻せるはずです。

 
2015-09-16 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

神いっき被告に適切なケアを

神いっき被告は詐病ではないかという見方がありますが、彼女(とりあえず戸籍に準じます)はFacebookで「今まで、鬱病、パニック障害、解離、アル中(中略)10年間、やっかいな友達でした」「何度も死にかけました」と公開していたそうです。また、裁判では、父親から酷い身体的な虐待を受けていたと明かし、兄とは10年間も会っていないと話しています。母親を悪く言っていないものの、機能不全家族だったことは否めません。しかも、OD(overdose:大量服薬)を繰り返したりリストカットしたりして、薬物の影響による異常行動が見られたといいます。さらには、刃物を持った事件で不起訴になった事実もありました。

これらは解離性同一性障害(DID)として典型的な状況です。しかも、彼女は性同一性障害だと考えていて、DIDという自覚はありませんでした。周囲からの伝聞や証拠によって、疑問を持ちながらもDIDだと認めざるを得なくなったのです。だから、私は詐病や演技の可能性は極めて低いと捉えています。

獄中出産の「声優のアイコ」突然4歳児の「ゲンキ君」に(産経ニュース)

報道から察すれば、「おにいちゃんはわるくない」と裁判で証言した「ゲンキ」という4歳の男の子の人格、怒りを引き受けたと思われる「コウジ」という男性人格、連続昏睡強盗を行なった「アイコ」という女性人格、男性として生きている現在の主人格「神いっき」の4人格が存在することになります。主人格は他の人格とコミュニケーションできず、自分の中に何人の人格が存在するのかもわかっていないはずです。おそらく、他にも虐待を引き受けた子供人格や傷付いていない基本人格などがいるのでしょう。

強盗は重い罪ですが、生活に困窮していた神いっきのためにアイコが実行したのかもしれません。あるいは、性暴力に対する報復として、つまりC-PTSDの反応として男を餌食にした可能性もあります。そして、被害者とされる連中の多くは下心があってアイコを部屋に招いたのですから、被害者にも落ち度があったわけです。アイコが表に出てきて証言し、被害額を弁済すれば、無罪という判決は下せないとしても執行猶予が付く余地はありそうです。

彼女は妊娠していましたが、もしかしたら金を盗もうとして強姦されたのかもしれません。DIDには再演も多く、二度目三度目と性被害に遭っています。神いっき被告はすでに出産して、乳児は施設に預けられているそうですが、適切なケアを受けられないと彼女の子供も不幸になってしまいます。神いっき被告が他の人格とコミュニケーションできるようになって、過去の心的外傷を癒し、人生を回復できるように私は願っています。

 
2015-09-14 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 0 :

解離性同一性障害(多重人格)は無罪となるのか

連続昏睡強盗事件で声優のアイコ(神いっき)の精神鑑定を決定した石井裁判長は、神被告の精神障害の有無や程度、犯行への影響などを鑑定するよう鑑定人に求めています。一方で弁護側は、神被告には事件当時の記憶がないと主張して責任能力の有無を争っています。刑法第39条には以下の条文があり、心神喪失状態だと認定された場合には不起訴や無罪にしなければならないからです。

刑法第39条
心神喪失者の行為は、罰しない。
心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

最高裁判例によれば、「刑法上心神喪失者であるというのはその犯行の当時において行為の違法性を意識することができず又はこれに従って行為をするということができなかったような無能力者を指す」とのことです。重度の知的障害や重度の統合失調症のように、通常の思考ができないならば罰しようがないと判断しても不思議ではありません。ところが、解離性同一性障害(DID)とは、人格を形成する要素である意識、記憶、感情がバラバラに粉砕された状態です。各人格は違法性を認識できるし無能力者ではありません。けれども、主人格は他の人格の言動や感情を知りようがなく、制御もできないのです。

そもそも犯罪とは、ヒトという生物の個体に対して責任を求めるものでしょうか。あるいは、人格という社会的な存在に対して責任を求めるものでしょうか。個体と人格が1対1で繋がっている通常の人間ならば全く問題になりませんが、DIDのような存在では根本的な法理さえ慎重に考察する必要が出てきます。DIDを前提としてわかりやすく言えば、人格システム全体が犯罪の連帯責任を負うのか、特定の人格の責任を免除して人格システムは無罪とするのかということです。

 
2015-09-12 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング