FC2ブログ

ドラマ「Dr.倫太郎」をご覧になった方へ-3

「Dr.倫太郎」では、DID以外の精神疾患も次から次へとネタにされていました。精神科医が主人公だからDIDに限定するわけにはいかないのでしょうが、つまみ食いの結果として、それぞれが不十分な描き方になったと思います。

その中に、境界性パーソナリティ障害(BPD)がありましたが、その患者はちょっと嫌がらせをしたり暴れたりしただけで、ただの困った人とされてしまいました。嫌がらせを描くなら、一過性の出来事ではなく執拗な攻撃を続けなければなりません。暴力性を描くなら、倫太郎をボコボコにするとか刃物を向けるとかのシーンが必要です。あれでは何が「障害」なのか、見ている人はチンプンカンプンだったのではないでしょうか。見捨てられ不安やスプリッティング、感情の激変などの特長は少しも表現されていません。BPDが言動で訴えている心的外傷について、制作者の理解が足りないのでしょう。BPDの日常は、理不尽で凄まじい出来事の連続です。

また、サヴァン症候群も自閉症とセットでネタにされていましたが、あまりにも欲張り過ぎでした。サヴァン症候群は「重度の精神・知能障害と、特定の分野における奇跡としか思えない知的能力が同居する状態」であり、元は「天才的白痴」です。日常生活は困難なはずで、あの子はただの自閉症にしか見えません。そもそも「レインマン」という名作があるのですから、敢えて取り上げなくても良かったですね。

それから、ドラマとは関係ないのですが、「解離性人格障害」という疾患名は存在しないのでご注意ください。社会臨床学会会員の肩書きを持つ方がブログで使っていたので、混乱する方もいるかもしれません。このブログの検索ワードでも何回か目にしています。人格障害(パーソナリティ障害)と解離性障害は、DSM(精神障害の診断と統計の手引き)では分類が異なります。

 
スポンサーサイト



2015-06-29 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 0 :

ドラマ「Dr.倫太郎」をご覧になった方へ-2

「Dr.倫太郎」では、DIDが単なる多重人格として描かれていた点も、DIDを美化しているように感じられて不快でした。このブログでも度々言葉にしていますが、ジュディス・ハーマンによればDIDは極限状況の生存者の中でも最も重いC-PTSDの症状です。日々の生活は混乱しており、各人格は否定的な情動を受け持っている場合が多く、希死念虜を抱えていないDIDはいません。

摂食障害、自傷行為、自殺未遂、徘徊、暴力、万引き、薬物使用、売春などの症状は描かれていませんでした。解離後の猛烈な頭痛といった、DIDに最も共通している症状もありませんでした。あるいは、人を信頼できなくなり、自責感、自己嫌悪感、恥辱感、無力感、不安感、抑鬱感、孤立感を持っている様子も描かれていません。戸惑い程度があっただけです。制作者は、意識や記憶、感情がバラバラに粉砕された人間を少しも想像していないのです。

そして、子供の人格を登場させなかった理由もよく分かりません。大人の姿の子供が現れる状況は、DIDにおいて最も一般的な解離の類型です。私は、蒼井優さんなら見事に子供になりきれるだろうと期待していたのですが、そういったシーンはありませんでした。哀しみを引き受けた子供、怒りを引き受けた子供、他の人格に守られた傷付いていない子供。そうした子供たちによって、心的外傷を表現できたのではないかと残念に思っています。何よりも愛情飢餓の描き方が足りませんでした。

 
2015-06-26 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 0 :

ドラマ「Dr.倫太郎」をご覧になった方へ-1

先週まで日本テレビ系列で放送されていたドラマ「Dr.倫太郎」をご覧になっていた方は多いのではないかと思います。主演の堺雅人さんや蒼井優さんなど好きな俳優が出演していたので、私も初回から見ていました。初回を見た段階で、また解離性同一性障害(DID)ネタだろうと気付きましたが、作品を全て見ないうちに批評はできません。最終回まで見終わりましたので感想を述べますが、私は原作を読んでないので、あくまでもテレビドラマに関するものです。

実は、私の知見を理由として、鑑賞はあまり快いものではありませんでした。どんなドラマでもフィクションである以上、単純化や理想化はあるのだろうとは思いますが、「Dr.倫太郎」はあまりにも事実とかけ離れていたからです。特に、最終回は「どっひゃー」といった印象です。決定的に間違っているわけではなく、要所を押さえていると感じる面もあるのですが、あまり知識をお持ちではない方が誤解されないように私見を述べます。

まず、ドラマではいかにも問題を抱えているように見える母親(高畑淳子さん)が、DIDの原因であるかのごとく描かれています。泣いている乳児が放ったらかしにされているシーンがあり、少女期以降も情緒的な虐待を繰り返されていたシーンがありました。一方で、非婚である父親は一切出てきません。ドラマではDIDの原因について明確に示しているわけではないので、こうした養育環境は一因にすぎないと受け取ることも可能です。しかし、誤解にも繋がるでしょう。

私が接した信頼できるDIDの事例(国内10数例、全て女性)では、母親だけに育てられたDIDの方はいませんでした。ほとんどのDIDの方は、幼少期に近親者から性虐待を受けています。中には、3歳頃から家庭内の食事中などに父親から性器を弄ばれ、少女期から父親と二人の兄に強姦され、20歳を超えても強姦されていた事例があります。父親と兄に強姦されていた事例は他にもありました。テレビドラマでそんな現実を突きつける必要はないと思いますが、情緒的な虐待だけでDIDになった事例を私は知りません。

 
2015-06-24 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 2 :

絶対肯定の子育て〜世に名を成す人は、親がすごい〜

日経BP社は、経営者や著名人がどのような養育を受けたのか考察した「絶対肯定の子育て」という本を出版しました。その内容を一部紹介している記事がWeb上に公開されていますので、このブログでも紹介します。

絶対肯定の子育て〜世に名を成す人は、親がすごい〜
「僕は真冬でも、素足にビーチサンダルだった」(日経ビジネスON LINE)

「絶対肯定」という言葉が表す通り、全否定する毒親の子育てとは対極に位置する子供の育て方です。親が子供を一人の人間として尊重し、幼い頃から自由と責任を与えていたとよく分かるエピソードですね。今後も連載が続くようですので、様々な肯定事例が示されるでしょう。

個人的には、テニスの錦織選手がどのような養育を受けたのか興味がありますが、彼のご両親はテレビや新聞、雑誌などにはあまり露出されないようです。残念ですが、親として応援しながらも子供とは明確な線を引いている、ご両親のその姿勢が養育態度を現していると思っています。

 
2015-06-22 : 結婚・育児 : コメント : 0 :

パパとお風呂、いつ卒業

先日、朝日新聞に「パパとお風呂、いつ卒業」という記事が出ていました。東京ガスなど10社が関わっている「風呂文化研究会」によれば、9歳で約半数、11歳で1割程度の父娘が一緒に風呂に入っているそうです。母と息子の場合では11歳で2割以下になるとも書かれていますが、私の個人的な感想としては遅すぎると思います。まして、思春期以降も一緒だなんて論外です。異性に対する適切な感覚を養えなくなってしまいます。

外務省は、先進国の事例として「お父さんとお風呂に入るのが楽しみ」と娘が作文に書いたら、学校が警察に通報して、父親が性的虐待の容疑で逮捕されたと注意を促しています。欧米では、性虐待に関する正しい認識が社会で共有されており、子供を守るために何が必要か理解しているからです。父親が娘を強姦する事例は稀ではなく、風呂が利用される場合も多いと知っているからです。私は風呂で性虐待を受けたという日本人女性の話を数多く目にしていますが、一般的に親子が一緒に風呂に入る日本では、風呂で虐待される割合が欧米より高いかもしれません。

欧米の調査では、性虐待の被害に遭う年齢分布の中央値は8歳だそうです。日本社会はいつになったら性虐待の実態を認めるようになるのでしょう。風呂文化研究会では、風呂は親密なコミュニケーションに最適な場所であるとして「浴育」を提案しています。私も風呂や温泉が好きですし、リラックスやコミュニケーションに適していると思います。しかし、異性の混浴は小学校に上がる頃にはやめるべきではないでしょうか。性虐待の被害に遭った子供は人生を滅茶苦茶にされてしまうのだから、そのリスクを避ける社会になるべきです。

IMG_0433.jpg (朝日新聞)
2015-06-19 : 結婚・育児 : コメント : 0 :

ジュディス・ハーマンとC-PTSD

ジュディス・ハーマンは、臨床経験が豊富なハーバード大学の精神科医です。詳しいプロフィールは、JUST(NPO法人日本トラウマ・サバイバーズ・ユニオン)の用語集「ハーマン」に出ていますが、長期間の心的外傷に対して「C-PTSD(Complex Post-Traumatic Stress Disorder:複雑性心的外傷後ストレス障害 )」という概念を提唱した人物です。

それまでの「PTSD」という考え方は、強烈な一撃によってダメージを受けた場合を前提としていましたが、「C-PTSD」では長期間に渡って繰り返し被害を受けた場合を前提としています。ナチスの強制収容所から生還した人々、独裁政権に政治犯として収監されて拷問を受けていた人々、家庭内で夫から暴力を受け続けていた人々、幼少期から性虐待を受け続けていた人々に共通の症状が見られたために、PTSDとは別の概念を構築したのです。彼女は協力者とともに膨大な臨床事例を分析していますが、その集大成とでも言うべき理論を「心的外傷と回復」にまとめました。

PTSDは衝撃的な出来事が原因となっているので、因果関係を把握し易い状況にあります。ところが、C-PTSDの場合は様々な心身の症状を呈する上に、原因となった心的外傷と結びつきにくい症状です。しかも、幼少期の被虐待経験が成人後に症状として現れる場合も多いので、この概念が理解されるまで因果関係が把握されていませんでした。彼女はその後「父-娘 近親姦―『家族』の闇を照らす」を出版し、父親が娘を強姦する事例が少なくないという事実も明るみにしました。日本語版の出版は2000年と遅れたために、「心的外傷と回復」を出版した後の20年間について記述が追加されています。

私は、それまでPTSDについてある程度の知識はありました。だから、自分のパートナーが一時的に錯乱状態に陥ったり、暴力を振るったり、記憶をなくしたりする状況が「反応」であると気付き易かったのだと思います。また、彼女が親と接触した後に精神状態が悪くなったり、一人で家にいられなかったりするので、PTSDという概念では足りないと感じていました。そこで「心的外傷と回復」に出合い、自分の経験が理論化されていると知ったのです。難解な理論なので理解できない人は多いでしょうが、拙著を合わせてお読み頂ければ、科学的な根拠を伴った概念だと認めざるを得ないのではないでしょうか。

   
2015-06-17 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 0 :

アリス・ミラーと乳児期の心的外傷

アリス・ミラーはポーランドに生まれ育ち、スイスに移住した心理学者です。心理学者として活動する前には精神分析家として長期の臨床経験があり、その経験を元として人は乳幼児期から心的外傷(トラウマ)を負うと理解するようになりました。精神分析学者ジークムント・フロイトが発見した、幼少期の経験を元とする無意識の作用について高く評価しています。しかし一方で、異性の親に対する性的な思慕と同性の親に対する敵意を子供が無意識に抱えているなどという「エディプスコンプレックス」については、厳しく批判しています。フロイト自身が、エビデンスに基づいた性虐待を原因とするヒステリー症状を否定して、子供が大人を性的に誘惑すると理論化したからです。

また、彼女は「闇教育」という言葉で説明していますが、かつてのドイツでは虐待に相当するような養育が、幼少期から当たり前に行なわれていたと解明しました。その結果、ヒトラーのような独裁者が誕生し、人種差別による大量虐殺に繋がったと判断しています。ヒトラーも被虐待児であったと検証し、親から受けた心的外傷が無意識の原動力となったと分析しています。

実は、私は拙著「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」執筆中にはアリス・ミラーについての知識がありませんでした。私の経験によって、幼児期以降だけではなく乳児期の情緒的な虐待も、境界性パーソナリティ障害や解離性同一性障害の下地になっていると感じていたのですが、アリス・ミラーの著作「魂の殺人」と「禁じられた知」を読んで、同等の考えが理論化されていると知りました。

一般的に乳児が記憶を持っているわけがないと考えがちですが、それは間違いです。その頃の体験は記憶として取り出せないだけで、無意識として擦り込まれています。その無意識がその人の人生を支配するといっても過言ではありません。それほど乳児期は重要な養育期間なのです。こうした考えは徐々に広がっていますが、これから子育てをするであろう若い方々には特に理解して頂きたいと思います。

   
2015-06-15 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 8 :

酒鬼薔薇聖斗と名乗った加害者男性が手記「絶歌(ぜっか)」を出版

当ブログで生育歴を取り上げた神戸連続児童殺傷事件の加害者男性が、手記「絶歌(ぜっか)」を出版しました。被害者土師淳君の父親は「もし、少しでも遺族に対して悪いことをしたという気持ちがあるのなら、今すぐに、出版を中止し、本を回収してほしいと思っています」というコメントを発表しました。彼の親や事件の被害者遺族は手記を出版しています。伝聞や憶測を中心とする出版物もあります。それでも、彼には言論さえ許されないのでしょうか。私はまだ読んでいませんが、「精神鑑定でも、医療少年院で受けたカウンセリングでも、ついに誰にも打ち明けることができず、20年もの間心の金庫にしまい込んできた」内容が書かれているようです。

酒鬼薔薇が自ら持ちかけ手記出版 被害者遺族は憤り(日刊スポーツ)

神戸連続児童殺傷:遺族のコメント全文(毎日新聞)

神戸連続児童殺傷 「出版動機知りたい」彩花ちゃんの母コメント全文(神戸新聞)

私は被害者の遺族感情を否定するつもりはありません。今回の出版を罵倒する意見も目にしました。しかし、未成年の凶悪事件の場合は背景に何があったのか、ほぼ全ての事件で闇に葬られてしまいます。成人の犯罪ならば報道機関が先を争って社会の興味を煽り立てたり、時間をかけて深く掘り下げたりしますが、社会が事件を共有すべきであるという点では少年事件でも変わりはないはずです。そういう意味において、今回の出版は画期的ではないでしょうか。加害者男性以外に事件の真相を公開できる人物はいないからです。

私は、実際に経験した者でなければ知りようがない事実を社会に残すべきと考えて「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」を出版しました。拙著は自費出版なので経済的、精神的、肉体的な負担はとても大きく、まるで割に合わない行為です。それでも、過去の心的外傷(トラウマ)に苦しんでいる誰かに情報を届けられれば、いくらかでも貢献できるのではないかと思いました。

手記には以下の文章があるそうです。「僕には、罪を背負いながら、毎日人と顔を合わせ、関わりを持ち、それでもちゃんと自分を見失うことなく、心のバランスを保ち、社会の中で人並みに生活していくことができませんでした」「もうこの本を書く以外に、この社会の中で罪を背負って生きられる居場所を、僕はとうとうみつけることができませんでした」。彼は加害者ですが、親の養育が不適切であったことは間違いありません。この本には現代社会が学ぶべき事実が描かれているでしょう。

   
2015-06-11 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

DESNOSとC-PTSD

心的外傷後ストレスの研究を専門とするオランダの精神科医ヴァン・デア・コルク博士は、PTSDでは定義しきれない慢性的なトラウマも含んだ定義を作っています。それが、「DESNOS(Disorder of Extreme Stress Not Otherwise Specified:特定不能の極度のストレス障害)」という概念です。ジュディス・ハーマンが提唱した「C-PTSD(Complex Post-Traumatic Stress Disorder:複雑性心的外傷後ストレス障害 )」とかなり重なる内容ですが、双方とも心のトラブルに法則を見出し、乳幼児期以降の被害体験などに辿り着いたのだと私は思います。

トラウマの治療について/DESNOS

トラウマの治療について/C-PTSD

注目すべきは、DSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders:精神障害の診断と統計の手引き)では異なる障害として定義されている境界性パーソナリティ障害(BPD)と解離性同一性障害(DID)に見られる症状が、同一の定義として括られている点です。また、アダルトチルドレン(AC)という概念まで取り込んでいるとも受け取れます。

私は「C-PTSDと性虐待」と題した記事でも記述していますが、ACとBPD、DIDは同一線上にあり、BPDとDIDは同じ障害であると考えていました。その後、C-PTSDという概念を知ったところ、自分が経験して考えていた内容と合致したのです。そして、DESNOSという概念においても同等の基準が示されていました。つまり、DSMの基準は精神科医がラベルを貼るために都合がいいだけで、心にトラブルを抱えている者にとっては役に立たないのです。DESNOSやC-PTSDという考えを取り入れて、どう対処すべきか判断しましょう。

  
2015-06-10 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 0 :

TFT(思考場療法)という心理療法

TFT(Thought Field Therapy)は、鍼のツボをタッピングすることで心理的問題を改善させていく心理療法です。日本語では「思考場療法」と呼ばれていますが、セラピーだとわかるように「TFT療法」を使う場合もあるそうです。具体的な手法は下記Webページに動画で示されていますが、手順に則ってトントンと軽く叩いて(タッピング)刺激を加えます。

日本TFT協会

TFTが応用できる分野はとても広く、不安、恐怖、依存、怒り、罪悪感、強迫、パニック、自己破壊、抑うつ、身体的疼痛などに効果があるとされています。ハーバード大学の研究では、特定のツボの刺激は扁桃体の活動を沈静化し、脳波を正常化し、セロトニンを増やすといった結果が得られているようです。扁桃体は脳の奥深くにあり、情動を司る部位だと考えられています。その扁桃体が過覚醒を起こすとPTSDや抑うつ状態が引き起こされるので、沈静化によって症状を抑えられるのでしょう。

でも、そんな難しい理論よりも「とんとん」の効果は乳児期から分かりきっているはずです。抱っこされて、とんとんされたり、背中やお腹をさすられれば、誰でも安心感が増すはずです。けれども、養育者の「とんとん」が足りなかったから、心的外傷(トラウマ)を癒せなかったのではないでしょうか。精神科医や臨床心理士は、抱っこしながらとんとんするわけにはいきません。それで、TFTのような手法に発展したのでしょう。身体的な接触はとても大切な気がします。

 
2015-06-08 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 4 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング