fc2ブログ

神戸連続児童殺傷事件の加害少年生育歴-2

加害少年は、幼稚園の年長組でいじめられても反撃せずに逃げ回っている一方で、いじめられた相手ではない小さい女の子の頭を石で叩いたことがあるそうです。この事件では、少年は3人の女の子の頭をハンマーで殴って殺傷していますが、幼児期にその芽はあったわけです。強い者には歯向かわず、弱い者に鬱憤を向ける態度も、親に支配されて感情を抑圧せざるを得なかった証拠です。

また、弟二人と喧嘩になった場合には、常に少年が母親から厳しく叱責されていました。少年は、親の叱責がとても恐ろしく、泣いて見せると親の怒りが収まるのを知って、悲しいという感情がないのに、先回りして泣いて逃げる方法を会得したそうです。どうやら母親は話し合いができなかったようです。子供が納得できるように諭すという方法があるのを知らなかったのでしょう。これでは、少年のコミュニケーション能力が養われるはずがありません。

小学校3年の時には、根は大変優しいが、超照れ屋。怒られることに過敏で、心を出せない子。本当の情緒が育っていない。母親は「スパルタで育てました」と言っていた、と学校は明かしたようです。少年は作文にも、母犬から引き離された飼い犬について記述したり、母親を「魔界の大魔王」だと記述したりしています。そのうち少年は、「お母さんの姿が見えなくなった。以前住んでいた家の台所が見える」等と言い、様子がおかしくなって医師の診察を受けました。

医師は、母の過干渉による軽いノイローゼと診断し、「親のしつけが厳しすぎる。早まって口出ししたり、過去のことをくどくどと言わず、子供の性格を理解した上でしつけをしなさい」と指導しています。母親は、押し付け的教育を改め、少年の意思を尊重しようと心掛けたそうですが、そんなに簡単に変われるでしょうか。親が叱る状況は減ったようですが、少年は親に対し、内心を悟られないように常に気を付けて仮面をかぶって対応するようになり、親に決して甘えようとはしませんでした。生育歴を辿ると、少年の孤立が良く分かります。

 
スポンサーサイト



2015-04-29 : 機能不全社会 : コメント : 3 :

神戸連続児童殺傷事件の加害少年生育歴-1

今回公表された神戸連続児童殺傷事件の決定全文には、加害少年の生育歴が一通り記載されています。私は当ブログを通じて、心的外傷は乳幼児期からの養育に原因があると常々述べていますが、この事件においても明確に立証されました。母乳で育てられた少年は、生後10ヵ月で離乳を強行され、母子一体の関係の時期が少年に最低限の満足を与えていなかった疑いがあると鑑定人は指摘しています。つまり、愛着障害です。

幼児期においても、幼稚園に行って恥をかくことのないよう、団体生活で必要な生活習慣や能力をきっちり身に付けさせようと、排尿、排便、食事、着替え、玩具の後片付け等を早め早めに厳しくしつけたそうです。人に迷惑をかけず、人に優しく、自分の意見をはっきり言い、親の言うことをよく聞き、親に逆らわず従順であることが両親の養育方針でした。一見、まともに見えるかもしれませんが、親として問題だらけの態度です。

なぜなら、わずかこれだけの情報でも、少年には受容と共感が与えられず、常に親が支配しようとしていたとわかるからです。「幼稚園に行って恥をかくことのないよう」とは、恥をかきたくないのは親なのに、その感情の責任を子供に転嫁している証拠です。「自分の意見をはっきり言うこと」と「親の言うことをよく聞き、親に逆らわず従順であること」は矛盾しているダブルメッセージです。少年の両親は理屈で物事を判断するだけで、感じる能力が著しく劣っているのではないかと私は思いました。母親の手記でも、自分達はきちんと子供を育てたと訴えていましたが、こうした自覚のなさが余計に子供を苦しめるのです。

   
2015-04-27 : 機能不全社会 : コメント : 5 :

神戸連続児童殺傷事件の決定公表が持つ意味

今回の決定全文を私は当ブログに転載しようかと考えました。公務員である判事が記述した文章ですので、文芸春秋や編集者に著作権があるわけではありません。本来の所有権は国家、国民にあるはずです。しかし、少年法に違反している可能性があり、混乱を招きかねないのでやめておきます。

この公表で気付いたのですが、国家は少年による凶悪犯罪の膨大な資料を持っているにもかかわらず、そのほとんどを闇に葬っています。有意義な情報として利用すれば、犯罪の減少に役立つはずです。個人情報は秘匿されるべきですが、個々の生育歴からは共通点を見出せるのであり、その共有によって被虐待児を救えるはずです。

神戸連続児童殺傷事件について、私は取材していた記者の出版物を読んだり、加害少年の母親の手記を読んだりしましたが、加害少年や家族の実像は少しも見えてきませんでした。今回の決定文で、ある程度の生育歴は把握できましたが、逮捕されてから3ヵ月半程度で出された内容です。これほど短期間では、鑑定にあたった二人の精神科医にも判事にも少年が心を開いているとは思えません。それでも、「ああ、やっぱりね」といった印象を得ることができました。医療少年院には少年に関するもっと詳細な記録があるのでしょうから、心的外傷を回復する過程を含めて真実を公表すべきです。

IMG_0378.jpg 文芸春秋(2015年4月10日発売号)
2015-04-24 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

神戸連続児童殺傷事件の家裁審判「決定」全文公表

現在発売中の文芸春秋で、神戸連続児童殺傷事件の家裁審判「決定(判決)」全文が公表されています。酒鬼薔薇聖斗と名乗る中学生が小学生5人を殺傷した事件について、医療少年院への送致が相当であると判断した文書です。1997年に神戸家庭裁判所は要旨を公表していましたが、肝心の生育歴などは記載されておらず、事件を担当した井垣康弘元判事が「教訓をくみ取ってほしい」として提供しました。

記事は2部構成になっており、前段で当時事件を担当した共同通信編集委員の佐々木央氏の解説があり、後段で決定全文が掲載されています。被害者の父親が監事を務めている公益社団法人「ひょうご被害者支援センター」は、公表について抗議文を送付したそうです。

神戸連続児童殺傷事件の家裁決定全文掲載、文芸春秋と提供弁護士に抗議文(産経WEST)

私は凶悪殺人事件の被害者遺族になったことがないので、遺族の気持ちがどのような感情なのかわかりません。確かに、今さら傷をえぐられたくはないでしょう。けれども、社会が学ぶべき教訓として、再発防止のために必要であるという視点に立って欲しいと思います。あの事件以降も、数多くの不可解な凶悪事件が起きている現状を見れば、未成年であろうとも加害者の生育歴を公表すべきです。少年法の名の下に事件の背景を隠す方が問題ではないでしょうか。

IMG_0377.jpg 文芸春秋(2015年4月10日発売号)
2015-04-22 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

オウム真理教とナチス、IS(イスラム国)

オウム真理教は特別な存在でしょうか。松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚は詐欺師として特別に優れていたのでしょうか。信者は狂信者で、特別な価値観を持っていたのでしょうか。そんなわけがありません。この世に特別な人間なんて存在しません。けれども、彼ら彼女らには共通点がありました。無条件の愛情を受けて養育されていないであろう生育歴です。たまたま機能不全家族に生まれ育ち、負のスパイラルに陥ったがために、困難な人生を歩むことになったのです。

アーリア人種の優越を唱え、反個人主義、反自由主義、反民主主義、反議会主義、反マルクス主義などを実践したナチスは、党首ヒトラー一人では成立しなかったはずです。当時のドイツの大人は、子供の頃に心理的、身体的な虐待を受けており、幼少期に抑圧されていた感情が、同じ被虐待児であったヒトラーを熱烈に支持させました。心理学者アリス・ミラーは「闇教育」という言葉で説明していますが、かつてのドイツでは、親が子供に責任転嫁するような養育が、幼少期から行なわれていたそうです。つまり、機能不全家族が多数を占めた結果、ヒトラーのような独裁者が誕生し、親への復讐の代わりに戦争を起こしたのです。

現在も、IS(Islamic State/イスラム国)という集団が、世界各国から若者を呼び寄せています。ISは、イスラム教スンニ派を中心としてイスラム圏を統一し、イスラム法に則った国家を樹立しようとしているそうです。けれども、実際には殺人集団と化しており、掲げている思想信条に意味があるとは思えません。指導者のバグダディの生育歴は不明ですが、彼はイラク戦争でアメリカに不当に拘束されています。その怒りを晴らすために、道具として宗教を利用しているのであり、同じ思いを抱えている元イラク軍の将校が戦闘を指揮しています。そこに機能不全家族に育った若者が、抑圧された感情を放出する口実を見つけて集い、テロを起こして発散していると私は想像しています。連合赤軍しかり、ヘイトスピーチしかり。

麻原彰晃が国家転覆や世界制覇を企んでいたなどという考えは、体制側が事件の拡大を防げなかった言い訳として同調した物語です。いつの時代でも仰々しい理屈とともに戦争が起きますが、本当は極めて個人的な感情の集積にすぎないと私は理解しています。その感情の大半は、受容や共感を得られずに過ごした乳幼児期に由来します。そして、その無意識を支配欲が強い指導者が嗅ぎ付けて利用するのです。だから、あらゆる虐待の犠牲者を減らせれば、無意識によってテロや戦争を回避する社会を作れるはずです。

 
2015-04-20 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

オウム真理教と見捨てられ不安

凶悪犯罪を何年も続けていながら、それでも幹部信者が救済のためだと思い込もうとしたのは、なぜでしょう。それは、もう帰る場所がなかったからです。最初から麻原は、信者に逃げられないように退路を断たせて、出家させていました。さらには、教団から脱会しようとした信者や脱会させようとした家族も敵視して、見せしめに殺害してまで脱会を阻止しました。こうした囲い込みも機能不全家族の特長と一致します。

つまり、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚の犯罪行為の裏には「見捨てられ不安」があるのです。信者に次元の低い詐欺を見破られ、去られてしまう孤独を麻原は最も恐れていたでしょう。その恐怖を振り払うために、次から次へと幹部信者を犯罪に加担させました。麻原は、幹部も含めて一人も信者を大切にしていませんが、信者は自分が孤独にならないための道具だったからです。機能不全家族で道具にされた子供は、その後も愛情を得られずに育つと、自分を守るために人を利用してしまいます。

そして、信者もまた見捨てられ不安を抱えていたはずです。物理的に帰る家がないというよりも、精神的な拠り所を失うのが怖かったのでしょう。彼ら彼女らは自尊心が低いので、何かにすがって生きようとしてしまいます。オウム真理教における帰依とは、ただの依存にすぎません。誰かから違った道が与えられていれば、オウム真理教とは縁を切って引き返せただろうと思います。自分が機能不全家族の犠牲者だと気付けるような社会であれば、多くの犯罪を未然に防げるのです。

 
2015-04-17 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

オウム真理教と嘘

松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚は、ただのヨガ道場にすぎなかった「オウムの会」の頃には、若者に適当にヨガをさせていれば十分に認めてもらえたでしょう。父親代わり、母親代わりを求める若者に対して、理解ある両親を演じていれば済んだのですから。ところが、宗教団体「オウム神仙の会」と改称して信者が増えると、教祖として尊敬される能力が必要になります。そのため、麻原は自分がヒマラヤの修行で最終解脱したと言い出しました。そして、一度ついた嘘によって、次から次へと嘘で取り繕わなければならなくなりました。まるで子供です。

さて、誰もが疑問に思うはずですが、信者は麻原の風呂の残り湯を本当に有り難がっていたのでしょうか。ただの逆さ吊りが修行になると本気で考えていたのでしょうか。麻原との性行為が宗教上の通過儀礼だと信じて疑わなかったのでしょうか。そんなはずはありません。大半の信者は疑問を持っていたはずです。しかし、支配者に服従するように育てられた彼ら彼女らは、子供の頃からやっていたように疑問を抑圧したのです。ようやく手に入れた自分の居場所を失うわけにはいきません。こうしたオウム真理教の嘘に満ちている関係も機能不全家族と一致します。

現在の麻原は、拘禁反応によって物事を理解できなくなっていると報道されています。被告席で意味もなく英語を呟き、拘置所で大小便を洩らし、面会では娘の眼前で自慰行為をしたそうです。精神が崩壊した人がそんな行動をするのでしょうか。私は、そのような事例を知りません。精神が崩壊していない、精神障害を知らない人が空想する精神障害者の姿ではありませんか。線維束性収縮(線維束性攣縮)が観察されたとしても、私も瞼や頬がピクピクすることはあるし、向精神薬を飲んだ副作用や精神障害以外の病気かも知れません。

そもそも麻原は、拷問を受けたわけでもなく、輪姦されたわけでもなく、戦場のような極限状況にいたわけでもありません。生育歴の心的外傷ならば、思春期以降に問題行動として現れますが、決して意思疎通は不能になりません。囚われの身となって、ただ質問が続いただけで、極度に精神に異常を来した事例があるのでしょうか。これほど虚栄心に満ちた男が、正体を暴かれる事態を回避できる方法は沈黙だけです。詐病という嘘しか手段は残されていません。

 
2015-04-15 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

オウム真理教と虐待

オウム真理教が起こした事件を改めて振り返ってみると、その異常さに驚くばかりです。社会に向けた犯罪以外にも、内部の信者や元信者に対してリンチ殺人を3件も行なっています。全ての事件で松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚が殺害を命じて、幹部信者などが実行しています。ある事件では、母親を連れ出そうとして失敗した二人の元信者の一方を脅迫して、もう一方を殺させるといったヤクザ顔負けの親分ぶりを発揮しています。

麻原は、6男3女の9人兄弟の第7子だそうですが、兄弟間で親から比較されていたのでしょうか。あるいは、兄達から暴行されていたのかもしれません。機能不全家族に育った他の兄弟が健全なはずはなく、最も弱い存在が攻撃されやすいのですから。盲学校に入学させられただけでは、復讐としか言いようがないリンチ殺人には繋がらない気がします。子供の頃に心の中で描いていた親や兄への報復を空想しながら、「ポアするしかないな」と命じていたのでしょう。

被虐待児だった大人は、虐待の怒りや哀しみを社会や自分に向けてしまいます。恐れや思慕を抱く親などの加害者には向けられないからです。社会に向けた場合は暴力行為や迷惑行為などで表し、自分に向けた場合は嗜癖や強迫観念、希死念虜となって現れます。次から次へと犯罪を拡大させた麻原は、否定的な感情のエネルギーを全て外側に向けて放出してしまったのです。

 
2015-04-13 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

オウム真理教と権力

松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚は、オウム真理教で絶対的な権力者として君臨していましたが、常にその権力を行使せずにはいられませんでした。なぜなら、自尊心が低く、承認欲求や自己顕示欲が強いからです。本来、宗教とは内省的な存在で、自分と向き合う行為だと私は理解していますが、オウム真理教の教祖は正反対でした。

麻原は、自分の存在価値を認めさせるために、修行と称する様々な根性試しで信者を競わせました。タバコの火を押し付ける「根性焼き」などの弱い者いじめと同じです。自分の風呂の残り湯をとんでもない高額で売りつけたり、電極付きのヘッドギアで麻原の脳波と同調できるなどと言いくるめるのも同様です。ダライ・ラマ14世と撮った写真をひけらかすなんて、国会議員と写真を撮りたがる詐欺師そのものです。

そして、麻原は自分を大きく見せるために敵対勢力を作りました。最初は弁護士です。次に裁判官。そして警察、官僚とエスカレートします。国政選挙で大敗したのも想定通りで、国家を敵視するための幼稚な口実でした。敵という外側の権力を大きくするほど、自分も大きい存在として信者に見てもらえるわけです。親から受容や共感を得られず、信頼に基づく対人関係を身に付けられなかったせいで、麻原は権力や権威というわかりやすい尺度に固執しました。これは宗教でしょうか。ただの「かまってちゃん」です。

 
2015-04-10 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

オウム真理教と責任転嫁

松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚は、一審の途中から意味不明な発言を繰り返したために、二審では実質的な審理が行われずに、最高裁で死刑が確定しています。一審では、地下鉄サリン事件のいわゆるリムジン謀議を井上嘉浩死刑囚が証言し、麻原の命令があったと認定されました。麻原自身は何も証言しなくなったので、その他の事件も含めて麻原が指示を出していたのかどうか、幹部信者の供述だけで裁定していいのかといった批判がありました。

最近の報道によれば、捜査段階の麻原は饒舌で、すべての事件は幹部信者が暴走して起こしたと主張したそうです。最初から幹部信者を操作して、自分では責任を負わずに済むように計算していたのです。特に、後に刺殺された側近の村井秀夫を重用して、何事も村井に仕切らせています。ところが、公判では逃げられそうもないと悟って、黙ってしまいました。何事も女房にやらせておきながら、都合が悪くなるととぼける機能不全な父親そっくりです。

麻原は、信者を操作するために階級社会を作りました。信者は、何事も自主的に申し出なければ、階級社会で出世できなかったはずです。だから、共依存関係における自主的は「自発的」ではありません。それをマインドコントロールと呼ぶのかもしれませんが、支配者に服従しなければ酷い目に遭わされると信者は学んでいます。機能不全家族に育った子供が、親の顔色をうかがって先回りし、親を喜ばせようとするのと同じです。親から仕込まれたであろう責任転嫁の手法を麻原はしっかり受け継いでいました。

そして、その責任転嫁はすべての信者も行なっています。自分は知らなかった、関わらなかったから責任がないと。とんでもない!末端の信者が貢いだ財産やただ働きという報酬を使って、教団はサリンの原料を購入し、様々な活動を行なっていたのです。刑事事件に問えないだけで、一人ひとりに責任がないわけがありません。だから、現在も活動している「アレフ」や「ひかりの輪」の信者は、再び同様の事件を起こす危険性を持っているのです。

 
2015-04-08 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング