fc2ブログ

毒親の呪縛-1:親に口答えしてはいけない

毒親は独裁者なので、奴隷である家族が口答えすると制裁を加えられます。このように表現すると、鎧兜をかぶった強そうな王様が下々の民に暴力を振るうような印象を受けますが、実際の機能不全家族では必ずしも露骨な暴力や態度が伴うわけではありません。アルコール依存症などで暴れる毒親も少なくないのでしょうが、乳幼児期から子供を支配するためには不愉快な表情を示せば十分です。

乳児がむずかっただけで顔をしかめる親。乳児が自分で食べようとしているのに、さっさと食べさせて済まそうとする親。幼児が転んだ時に一緒に悲しまない親。幼児が自分の考えを伝えようとしているのに、言葉を待とうとしない親。子供の言動や感情にいちいち口を挟んで文句を言う親。子供の交友関係や進学について勝手に決めつける親。

こうした親は、自由であるべき子供の考えを否定して、親の威厳を示そうとします。一切の反論を封じて自己満足に浸ります。毒親から繰り返された日常は、「親に口答えしてはいけない」という子供の諦めになります。その行動様式はさらに広がって、自分の感情を表してはいけないという拘束に子供は縛られるのです。

健全な家族は互いに主張し、互いに耳を傾けます。親に非があれば謝るのは当然で、子供に服従を強いるようなことは有り得ません。子供が言い返せるように育てるのが親の務めです。あなたがアダルトチルドレンだと自覚しているならば、周囲の友人などに家族との関わり方を尋ねてみても良いでしょう。自分が当然だと思っていたことが、常識外れだったと理解できるかもしれません。親に口答えできないならば、不健全な親子関係です。あなたには、親に対して自分の意思を表示する権利があります。

 
スポンサーサイト



2014-08-31 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :

心的外傷(トラウマ)と過誤記憶

ご存知の方も多いかもしれませんが、「なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白」という本が出版されています。著者は東小雪さんです。彼女はテレビ番組や雑誌などに実名で顔を出していますが、境界性パーソナリティ障害と思われる状況から、催眠療法を受けて回復したそうです。元タカラジェンヌのレズビアンというプロフィールにばかり焦点を当てられているように思いますが、「なかったことにしたくない」という真意を私達はもっと汲み取るべきでしょう。

清水賢一セレクトショップ/性的虐待:事例
「なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白」


アマゾンのカスタマーレビューを見ると、催眠療法による過誤記憶ではないかと指摘する方々がいるようです。アメリカのような過誤記憶論争が、20年以上遅れて日本でも巻き起こりそうな気配ですね。私は大歓迎です。東小雪さんや彼女のカウンセラーの岩本令子さんも、こうした攻撃を予期した上で出版されたことでしょう。私はその勇気を讃えます。

思い出した子供の頃の記憶は偽物であると主張する人々に問いたいが、エリザベス・ロフタスは幼少期の子供に数年〜十数年という長期間に渡る性虐待を行なって、20年〜30年後に記憶を保持しているかどうか実験したのでしょうか。成人に対して子供の頃の些細な出来事を問いかけたとしても、そんな記憶が曖昧なのは実験するまでもなく当たり前です。極限状況に置かれたわけでもない健康な成人を被験者として、何を立証できたというのでしょう。訴訟という証拠を必要とする闘いの場で勝訴しただけで、なぜ性虐待を「なかったこと」にできるのか、なぜ「偽りの記憶」だと断定できるのか論理的に説明してください。

私が体験した大人の中の子供とのコミュニケーションなんて奇想天外すぎて、回復した記憶を信じない勢力には創作以外の何ものでもないと批判されそうです。自分が体験したこともなく文字を読んだだけで、他者を批判するのはやめましょう。こうした勢力のせいで、日本では性虐待が少ないなどという間違った通説がまかり通り、被害を受けた子供や大人は誰にも訴えないのです。

実父や兄などの近親者が幼い娘や妹を強姦する事例は稀ではないと社会が認識しなければ、いつまで経っても被害はなくなりません。アメリカの信頼できる調査では、社会的な認識が広まって性虐待が減っていると確認されています。「なかったことにしたくない」という題名には、声をあげた人がいたにもかかわらず、社会から無視され続けている現状への怒りが含まれていると私は捉えています。

 
2014-08-29 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 6 :

自殺と損害賠償請求訴訟

過労やいじめ、原発事故の避難などによってうつ状態になり、自殺した被害者の遺族が、損害賠償を求めて民事訴訟を提起する場合があります。これまでは、原告が主張している原因と自殺の因果関係を立証できずに、敗訴する場合が多かったと思うのですが、近年は損害賠償請求が認められやすくなっていると感じます。

それぞれの訴訟には異なる事情があるわけですが、こうした裁判で訴えられた側が向精神薬を原因として反論するケースはないのでしょうか。例えば、抗うつ薬パキシルの場合は副作用に自殺企図が明記されています。2012年7月には、パキシルの製造元グラクソスミスクライン社は違法販売促進(18歳未満に対するパキシルの投薬など)を認めて、刑事民事合わせて30億ドルもの罰金及び損害賠償金の支払いに米国で合意しています。

パキシルは現在約123万人もの日本人に投与されている薬です。日本でも18歳未満に対する処方が禁忌となりましたが、日本児童青年精神医学会の圧力によって禁忌が解除されたそうです。また、NHK「クローズアップ現代」が子どもに広がる向精神薬被害の実態を放送しようとしたところ、「大変エキセントリックで偏向だ」と児童精神科医が放送前に圧力をかけています。ちなみにこの精神科医は、厚生労働科学研究費で子どもに向精神薬を服用するよう勧める絵本を作成した人物で、長崎県の全公立小中学校に配布しています。そして、先月佐世保で起きた事件の加害者の主治医らしいです。

私は自殺した人を貶めようというつもりは全くありませんが、真実を明らかにしなければ再発を防げないと考えています。向精神薬の副作用は子供に限ったものではありません。損害賠償を請求された企業などには、ぜひとも向精神薬の影響を立証して欲しいものです。

 
2014-08-28 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :

社会的な成功と自己評価

長崎県佐世保市で高校1年生が同級生を殺害した事件について、続報がありましたのでご紹介します。この記事によれば、加害者の父親は外面が良く、勝つことにこだわり、支配欲が強い人物だったようです。やはり、機能不全家族に見られる父親の典型です。

佐世保「高1同級生惨殺」事件 すべて私のせいなのか……人生はある日突然、狂い出した 早大卒・弁護士・53歳加害者の父「悔恨と慟哭の日々」(現代ビジネス)

なるほど、誰もが羨みそうなほどに輝かしい経歴です。実は、社会的な成功を収めている人は、自己評価の低さが原動力となっている場合が少なくありません。自尊心が低いために他者の評価を渇望し、結果を求めて常に努力し続けるのです。

けれども、この努力は自己を高めようという純粋な欲求から生じているわけではなく、他者から評価を得るという目的によって成立しています。おそらく、本人も意識できないのだと思いますが、社会的な地位や金銭、異性、権力などを獲得できない行為には、こうした人々は興味が湧かないのではないでしょうか。

逆説的に言えば、自己評価の高い人は人生に満足しているので、がむしゃらな努力に意味を見出しにくいのです。もちろん、打算など一切関係なく、自分の能力に挑戦している人々も多く存在します。無心で自己表現を行なっている人々には、周囲の者は心を動かされます。

それにしても、この程度の機能不全家族に育っただけで、子供がこれほど猟奇的な事件を起こせるのでしょうか。もしそうならば、日本中、世界中で同様の猟奇的な殺人事件が頻発しているはずです。判明している状況は下地にすぎず、核心となる原因が他に存在すると私は考えています。事実をはっきりさせなければ、同じような境遇にいる子供を救えません。

 
2014-08-25 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

心的外傷(トラウマ)と心理学

オーストリアの精神分析学者で精神科医のジークムント・フロイト(1856‐1939)は、現在ならば境界性パーソナリティ障害に相当するであろうヒステリー患者の研究において、親から受けた近親姦を原因とする心的外傷によって症状が出ていると突き止めました。ところが、社会的な地位を守るためなのか、近親姦の被害を訴える女性の多さにひるんだのか、自説を撤回してねじ曲げてしまいます。それが「エディプスコンプレックス」です。

このおかしな説を教科書から学んだ通りに信じているカウンセラーがいまだに大勢いるようですが、晩年のフロイトは心的外傷理論に回帰しているそうです。「異性の親に対する性的な思慕と同性の親に対する敵意を子供が無意識に抱えている」なんていう理論は、どうやったら導けるのでしょう。私には少しも理解できません。

また、最近流行のアドラー心理学ではトラウマの存在自体を認めていません。だとすれば、解離性同一性障害(DID)をどうやって説明しているのでしょうか。長期に及ぶ性虐待によってトラウマ(心的外傷)が生じ、意識や記憶、感情が解離して複数の人格が作られ、その精神・身体的後遺症によって苦しむという現象が否定されているのでしょうか。同等の心的外傷を受けた人々が、なぜ世界中で同様の症状を呈しているのでしょうか。

心理学には様々な学説や派閥が存在するようですが、いくら理屈を捏ね回したところで、心に問題を抱えている人は置き去りにされるだけです。身体だろうと脳だろうと破壊的な行為を受ければ傷が付くのは当たり前で、傷付いた脳神経を具体的に見る方法がないだけです。心の叫びにもっと耳を傾けてはいかがでしょうか。

 
2014-08-23 : 境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害(BPD) : コメント : 2 :

アダルトチルドレンと境界性パーソナリティ障害と解離性同一性障害の関係

心的外傷の程度と症状には明確な相関関係があります。例えば、情緒的な虐待を受け続けただけであれば、アダルトチルドレン(AC)に見られるような見捨てられ不安や醜形恐怖症、摂食障害などの症状で済むかもしれません。あるいは、酷い身体的な暴力も継続したらならば、パニック障害やアルコール依存、薬物依存なども現れる可能性があるでしょう。しかし、一般的なACの解説では、無差別殺人の衝動を抱えているといった事例は見たことがありません。

一方で、継続的な性虐待を近親者や養育者から受けた被害者は、誰もが自分を消したい、いなくなりたいという希死念慮に苛まれています。また、極めて強い殺意を抱えていたり、性虐待の記憶自体を封印していたりします。ACに見られる症状よりも、さらに複合的で多様で激しい感情を抱え、その感情に翻弄されている状況が境界性パーソナリティ障害(BPD)だと私は考えています。

そして、そうした症状に加えて具体的に幻聴や幻視があり、身近な者が別の人格を確認できるならば解離性同一性障害(DID)となります。本人は解離を自覚できないので、子供の頃から時間を失っている気がするという程度の認識だったりします。色々と不可思議な出来事があったとしても、疑問を感じたまま時が過ぎてしまうのが普通でしょう。解離症状は極限状況といえる程の酷い被害に遭った痕跡ですが、子供は別の人格を作って生き延びたのです。

つまり、ACとBPDとDIDはひと繋がりの同線上に位置し、DIDは最も酷い虐待を受けた結果として、心的外傷に見られるほぼ全ての症状を抱えているのです。安っぽいドラマや映画、小説によってDIDの真実が歪められ続けていますが、多重人格は見せ物ではありません。虐待によって心的外傷を受けた後遺症として、ACとBPDとDIDを捉えるべきです。

 
2014-08-22 : 境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害(BPD) : コメント : 0 :

境界性パーソナリティ障害と解離性同一性障害の原因

最初に断言してしまいますが、両者の主な原因は近親者や養育者からの継続的な性虐待です。早ければ幼児期から始まり、数年〜十数年に及ぶ被害も珍しくありません。BPDの場合は性虐待を受けていた事例が多く、DIDの場合は60〜90%が被害を受けていたという調査結果があります。しかし、解離症状とは記憶喪失を含む防衛的な反応なので、調査結果には現れない性虐待が隠されていると考えるべきです。そうすると、BPDやDIDの主因は性虐待であり、その割合は限りなく100%に近いという推定を導けます。

ほぼすべての性虐待は機能不全家族で行なわれます。親が子供を支配したり道具にしたりする家庭です。情緒的な虐待は乳児期から行なわれているのであり、心理的な抑圧や逃避がBPDやDIDの下地となります。最も酷い場合には、さらに身体的な虐待やネグレクトが加わりますが、こうした環境で虐待を受け続けた結果がBPDでありDIDです。だから、BPDやDIDとされる症状は、性虐待を原因とするC-PTSDとして捉えるべきなのです。

また、BPDやDIDの当事者が、特定できない対象への殺意や理由がわからない強い怒り、希死念虜、性的な逸脱行動などを抱えているならば、やはり性虐待を受けていたと想定すべきでしょう。なぜならば、ある日突然記憶が蘇り、再体験するような心理状況に陥り兼ねないからです。いきなり地獄に突き落とされるよりも、何らかの予防措置を講じておいた方が苦痛を少しでも和らげることができるはずです。

 
2014-08-21 : 境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害(BPD) : コメント : 0 :

境界性パーソナリティ障害と解離性同一性障害という分類

アメリカ精神医学会が発行する「精神障害の診断と統計マニュアル(DSM:Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)」では、境界性パーソナリティ障害(BPD:Borderline personality disorder)と解離性同一性障害(多重人格/解離性同一症/DID:Dissociative Identity Disorder)について別の診断基準が示されています。けれども、症状として現れる感情爆発や解離などの共通点は多く、私はパートナーと過ごした経験から両者は同一の病理であると考えています。

BPDとされる人は感情が高まって暴れたり、意識がもうろうとしてしまったり、その間の記憶をなくしてしまったりします。一方DIDとされる人は、そのような解離症状の背景に別の人格が存在します。人格が一つにまとまっていようがいまいが、それは表層的な違いにすぎません。根本的には自分の感情や意識を制御できない状況が問題なのです。そう考えていたところ、複雑性心的外傷後ストレス障害(C-PTSD:Complex Post-Traumatic Stress Disorder/複雑性PTSD)という概念に出会いました。

C-PTSDは、ジュディス・ハーマンというハーバード大学の精神科医が膨大な臨床例に基づいて導いた理論で、「心的外傷と回復」という本にまとめられ、現在ではDSMにも採用されています。PTSDは広く知られるようになりましたが、単発の危機的な出来事を原因として、特定の状況に脳と身体が反応する症状です。それに対して、C-PTSDは長期間継続した危機的な出来事を原因として、様々な状況に脳と身体が反応する症状です。私は軽度のPTSDとC-PTSDを自分で経験しているので、脳が勝手に反応して行動を制御できなくなるという理論について非常によく理解できました。

BPDにしてもDIDにしても、乳幼児期から少年期にかけて長期間被った深刻な心の傷に起因します。「心的外傷と回復」では、私の考えと同等の論理が示されていました。実際に、BPDとDIDに加えてC-PTSDという診断を受けている当事者も多く存在します。C-PTSDという概念に基づいて対処した方が、当事者の回復に寄与できるでしょう。問題を抱えている人を分類したところで何も解決できません。その人に応じた共感や受容こそが心の傷を癒せるのです。(ただし、情報を必要としている人に届けるために、このブログでは「BPD」と「DID」で分類しています。)

   
2014-08-20 : 境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害(BPD) : コメント : 0 :

精神医療と自殺

もう一つ精神医療の事例として理化学研究所の笹井芳樹氏の自殺を取り上げます。彼も心療内科に通院していたと明らかになっていますが、それでも自死を選んでしまいました。いくつもの遺書を残しているので、衝動的に自殺したわけではないでしょう。けれども、以下の報道では「精神安定剤の処方量は増え、会話できないレベルに」と書かれています。ということは、精神安定剤を飲んだために、正常な判断を下せなくなっていたのかもしれません。

小保方氏宛ての遺書「新しい人生を」の意味深エール(東スポWeb)

もう、25年以上前になりますが、私の親友が焼身自殺を図りました。上司との関係が上手くいかずに悩んでいたのですが、精神科に通院して約3ヶ月位経った頃に、自宅の浴室で灯油を浴びて火をつけました。どんな種類かは不明ですが、親友は抑うつ状態を改善するために精神薬を飲んでいました。その頃は自殺を図った理由が腑に落ちなかったのですが、向精神薬に関する知識を身に付けて私は気付きました。おそらく、やる気が出るように精神薬に後押しされてしまったのです。親友の遺書はなく、すぐに自分で消火していました。

親友は奇跡的に生還しましたが、鼻や耳や全ての指を失って、火傷の酷い跡も全身に残りました。数年前に自ら絶食して亡くなりましたが、精神薬の後押しがなければ悲惨な人生にはならなかっただろうと思います。自殺とは自分に対する殺人行為です。一線を越えるためのハードルは高いはずです。そんなに簡単に越えられるのでしょうか。やはり、精神医療では心の問題に対処できません。愛情や信頼といった基礎的な支援がなければ、心は回復しません。

 
2014-08-18 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :

精神医療と事件

長崎県佐世保市で同級生を殺害した高校生が、小学生の頃から複数の精神科医の治療を受けていた事実が明らかになりました。小学生で何らかの被害を受けていた可能性については以前触れた通りです。しかし、今回このような猟奇的な行為を実行してしまった背景には、向精神薬の影響があるかもしれません。

大半の日本の精神科医は、初診であっても精神薬を処方します。しかも、相手が子供であっても平気で処方する医師が少なくないようです。脳に作用する薬物は若いほど影響力が強く、子供には処方しないという考えが世界の主流です。元々殺意がないのに向精神薬の影響で殺人を犯すとは思えませんが、彼女をその気にさせてしまった可能性は否定できないでしょう。

多くの事件の背景には精神医療との関わりがあります。脱法ドラッグや危険ドラッグの作用はニュースになるのに、製薬会社から莫大な広告料を得ているマスコミは向精神薬の作用を無視しています。以下のブログに整理されていましたのでご紹介します。

凶悪犯罪のウラに向精神薬の影響(fine-club.project)

それにしても弁護士である加害者の父親が公開した謝罪文には呆れます。私は民事訴訟の経験があるので弁護士がどういう人種か知っていますが、弁護士は嘘をつくのが仕事です。訴訟に勝つために、恣意的な解釈と不都合の隠蔽を多用して、虚偽に満ちた文書を毎日書いています。だから、今回の謝罪文も自分に非がないという主張になってしまい、事態に対する責任や謝意は少しも感じられませんでした。そうやって生きているから、娘と向き合うこともなかったのでしょう。

話が逸れてしまいましたが、この事件でも精神医療は無力でした。果たしてこれを医療と呼べるのでしょうか。標準的な精神科医には心の問題を解決できないという証です。医療で心を直せるなどと考えるのは、もうやめましょう。
2014-08-17 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング