fc2ブログ

適切な感情表現

毒親に育てられた子供は、親の都合に振り回される毎日を生き抜くために、親の機嫌を損ねまいと必死になります。その結果、本心を出してはいけないと学んで「いい子」を演じるようになります。また、反対に、親が望まない「悪い子」として振る舞う子供もいます。いずれにしても、そうやって親から認めてもらったり、関心を持ってもらったりして、無償ではない愛情を獲得できるのです。

このように育ったアダルトチルドレンが親になると、子供には自分と同じ思いをさせたくないと考えるでしょう。当然です。しかし、どうしても毒親と同様の側面が出たり、反動が出たりするのではないでしょうか。10か0という極端な思考の影響があれば、溺愛と突き放しという接し方になります。共依存の影響があれば、考え方や感じ方の強要になります。コントロールの影響があれば、条件付きの愛情になります。それ以外にも、必要以上に子供を叱責したり、不満そうな表情などの非言語メッセージを送ったりするでしょう。

つまり、アダルトチルドレンは本心を表す訓練を積めなかったために、感情を上手に表現できないのです。「感情的に叱ってはいけない」という意見を目にします。確かに、感情に任せて怒ってはいけないと私も思います。けれども、感情を出さなければ、真剣に向き合っているという意思は伝わりません。親が感情を表して叱ったり、喜んだり、悲しんだりしてくれるから、子供は共感や受容を身に付けるのです。

もしも、あなたに子供がいるのなら、感情表現について一度考えてみてはいかがでしょうか。喜怒哀楽は素直に出すべきです。でも、本心を隠して表情を作るならば、それは操作です。相手との関係に応じた節度で、嘘のない感情表現ができるようになりましょう。そのためには、周囲との信頼構築が欠かせません。

 
スポンサーサイト



2014-06-30 : 結婚・育児 : コメント : 0 :

幼児語の害

「まんま」「あんよ」「ないない」「〜でちゅか?」など、いわゆる幼児語は必要でしょうか。最初から幼児語を使う必要はないという考えも最近では広まっていますが、言葉を発する初期段階として自然だという意見もあります。私はどちらが正しいと言うつもりはありませんが、子供に対していつまでも幼児語を使っている母親が少なくないように感じています。いつまでも親が食べさせる行為も同様ですが、こうした親の言動には「子供に自律して欲しくない」という潜在意識が隠されています。

なぜなら、自律は寂しいことだと感じるからです。コミュニケーションとは共依存関係だと教えられたので、自律は悪いことだと擦り込まれています。アダルトチルドレンは見捨てられ不安を抱えているので、幼児にさえ離れて欲しくありません。つまり、親がいつまでも幼児語を使っているならば、それ以外の生活でも自律を阻んでいるはずで、子供にとっては間違いなく害があるのです。

もう、かなり昔の話ですが、ある結婚式の披露宴で新婦の上司がスピーチを行ないました。その新婦は保育士だったので、園長の女性が仕事ぶりなどについて話したのです。しかし、その園長は、まるで幼児を相手にするように披露宴に出席している大人達に語りかけました。ゆっくり、語尾を長く、「ですね〜」とか言いながら。仕事柄やむを得ない面があるとは言え、正直言って気分が悪かったです。

新生児であっても、生を受けた時点で一人の人間として尊重されるべきです。必要以上に庇護しようという姿勢は、ただの上から目線にすぎず、自分の寂しさをごまかした結果です。決して、相手を対等な人間だとは位置付けていません。あなたがアダルトチルドレンならば、子供の自律を特に意識して接するように心がけましょう。

 
2014-06-29 : 結婚・育児 : コメント : 0 :

「甘やかす」と「甘えさせる」

過保護過干渉の両親や祖父母は、子供を可愛がると言いながら甘やかします。子供の我がままを喜んで引き受ける自分に酔っているのです。だから、子供が自分で物事を達成しようとすると、自分の利益には繋がらないので、横槍を入れて自分の影響力を行使します。子供の成長なんて考えていません。子供の幸福よりも自分の感情を優先します。彼ら彼女らは、子供を使って自分の満足感を得るという無意識の流儀に支配されているのです。こうした日々を過ごしていると、子供は自尊心を奪われ、社会性も低くなります。

健全な両親や祖父母は、子供を可愛がるとは言わずに甘えさせます。子供の我がままを正した上で、甘えようとする子供を受け入れるのです。だから、子供が自分で物事を達成しようとすると、黙って見守り、関与しようとはしません。常に子供の成長を考えながら、一人の人間として尊重します。自分の感情よりも子供の幸福を優先します。彼ら彼女らは、子供に無償の愛情を注ぐという無意識の流儀に支えられているのです。こうした日々を過ごしていると、子供は自尊心を培い、社会性も高くなります。

「甘やかす」とは、操作と強要です。「甘えさせる」とは、受容と共感です。この違いを毒親や毒爺婆は理解していません。機能不全家族でも「甘やかすな」という言葉を使っているかもしれませんが、乳幼児期に十分甘えさせていないのが実態です。自分の利益ではなく、相手の感覚や立場で物事を想像する習慣があるかどうか。広い視野を持っているかどうか。将来まで見通しているかどうかが分かれ目です。

 
2014-06-28 : 結婚・育児 : コメント : 2 :

最も信頼できない精神科医

最も信頼できない精神科医は、「日本では性的虐待が少ない」と考えている精神科医です。自分の臨床例を根拠として国際学会で発表した医師までいるようです。呆れる他ありません。以前述べたように、日本でも欧米と変わらない被害者が存在すると推定している支援者や精神科医は大勢います。

そもそも、家庭内の性虐待(近親姦)を受けていた被害者は、精神科医を信頼していません。というよりも、近親者から被害を受けると、誰一人として人を信頼できなくなるのです。そうして苦しんでいる者が、そう簡単に精神科医に事実を打ち明けるわけがありません。子供の頃に近親姦を受けた被害者のほとんどは一生沈黙します。最も深刻な被害では、真実を心の奥深くに封印し、自分の記憶から消し去ってしまいます。その結果、理由がわからない希死念慮や殺意、怒り、哀しみ、フラッシュバックなどに襲われるのです。

性的な虐待は、情緒的な虐待や身体的な虐待、ネグレクトなどと同様に機能不全家族で起きています。こうした幼少期の被虐待経験が、強迫性障害、パーソナリティ障害、解離性障害、摂食障害、嗜癖といった多くの精神疾患の根本的な原因となっている事実は、精神科医にとって常識ではありませんか。その程度の知識もないならば、精神科医として失格です。精神医療に助けを求めるならば、機能不全家族を正しく理解している医師を探しましょう。

 
2014-06-27 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :

信頼できる精神科医と信頼できない精神科医

日本の標準的な精神科医は精神薬を処方します。私の考えでは、信頼できる精神科医は精神薬や睡眠薬の使用を最低限にとどめますが、信頼できない精神科医は多剤大量処方を行ないます。別の医師が診断をチェックする「スーパービジョン」という仕組みを取り入れていれば、いい加減な判断を排除し易いとは思います。けれども、治療方針などの意見が対立する医師が同じ病院にいる可能性は低そうですので、必ず信頼できるわけではありません。

望ましい体制として、医師、看護師、臨床心理士、ソーシャルワーカー、薬剤師が連携して医療を実践する「リエゾン(連携)」というチーム医療があります。しかし、独善的な医師の暴走は起きにくいものの、チームならば信頼できるとは限りません。生活保護を前提として患者を食い物にしたり、措置入院や保護入院において、本人や家族が望まない結果を招く可能性があります。

安易に発達障害という診断を下す精神科医も注意が必要です。ある信頼できる精神科医は、発達障害という診断を受けている子供の半数は愛着障害だろうと推測していました。愛着障害の子供には薬を処方できないでしょうが、発達障害という「診断」を下せば、「製薬会社が治験で効果があったと勧める薬」を「子供に」処方できるのです。そうすれば「患者」を医療機関につなぎ止めて、保険点数を稼げます。

精神医療に助けを求めるならば、まず最初に信頼できる医師を探さなければなりません。信頼できる医師は、心にトラブルを抱えているあなたに正面から向き合うはずです。

 
2014-06-26 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :

今度は「認知症キャンペーン」

「うつキャンペーン」で大成功を収めた製薬業界は、今度は認知症をターゲットに定めたようです。最近では、「認知症は予備軍を含めると800万人に達する」とNHKがしきりに宣伝しています。はたして、十分な根拠があるのでしょうか。加齢による物忘れ程度でも、認知症の初期症状だと判断されたのではたまりません。NHKは下記以外にも数多くの認知症関連番組を放送していますが、その前に製薬会社と医師と国とマスコミによる「うつキャンペーン」を総括した番組を放送すべきでした。

「"認知症800万人"時代 母と息子3000日の介護記録」(NHK)

私の祖母は現在96歳で、特別養護老人ホームで生活しています。2〜3年前までは一人暮らしをしていましたが、転倒して骨折したために入院し、退院後の一人暮らしは諦めました。年相応に耳が遠くなっていたり、物忘れがあったりしますが、100歳近くまで生きているのです。80歳過ぎで大腸癌の手術を受けましたが、それ以外は病気らしい病気もしていません。その老人に対して、医師は勝手に認知症の貼り薬を投与しました。知人の内科医から助言された母がすぐに断りましたが、いったいどういうつもりでしょうか。何が何でも薬漬けにしようという魂胆に怒りが湧いてきます。

いくつかの製薬会社は、臨床試験で不正を行ないました。認知症の薬には十分なエビデンスもありません。「進行を予防する」なんて信頼できるはずがありません。「うつ病」を取り巻く問題にはこのブログでも触れてきましたが、「認知症」でも製薬会社、精神科医、学会、マスコミ、厚生労働省の関わり方は同様です。早期発見という名目で患者を作り、薬漬けにしようという作戦です。認知症行方不明者が1万人に達するとマスコミはこぞって報道していますが、薬が原因だという可能性はないのでしょうか。症状が進んでいるとは思えない老人が、自分の名前や生い立ちといった最も古い記憶を失っています。

抗うつ薬には自殺する危険性があると製薬会社は認めています。自殺者のように行方不明者が3万人に達しないと、認知症の薬物療法に対して批判が起きないのでしょうか。薬に効果があるなら、結核やハンセン病のように認知症の老人は減っているはずです。しかし、実態は正反対ですね。最近はアルコール依存症の早期発見キャンペーンも始まっています。国民全てが薬漬けにされる前に、専門家と称する連中を疑いましょう。

 
2014-06-25 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :

うつは病気ではなく状態である

製薬会社と国のキャンペーンによって「うつ病」が国民病にされてしまいましたが、うつ病って何でしょうか。人として正常な精神状態を病気にしただけではありませんか。厚生労働省のウェブページには「眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります」と説明されています。しかも、「早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、無理せず早めに専門機関に相談する」ように促しています。

「みんなのメンタルヘルス/うつ病」(厚生労働省)

説明が矛盾していますね。「続いている場合」が病気だと断っておきながら、「早めに治療を始めるほど」と早く薬を飲むように急かしています。なんということでしょうか。厚労省でこの文章を決済したのは頭の良いお役人のはずですが、あまりにも杜撰な文章に呆れます。製薬業界から謝礼を受け取っている精神科医の考えを鵜呑みにしているようです。少しは批判に耳を傾けたり、アメリカでの損害賠償事例などを取り入れたらどうでしょう。

頭痛という病気はありません。頭をぶつけたのかもしれないし、脳動脈瘤ができているのかもしれないし、脳腫瘍ができているのかもしれません。それと同じです。気分が沈んでうつ状態にあるとしても、その原因は千差万別です。先のウェブページにも書かれています。にもかかわらず、精神医療は病気でなければ報酬を得られないので、「うつ病」に仕立てたのです。製薬業界が儲けるために「うつ病」という市場を開発したのです。慎重な判断が必要ならば、初診で薬を処方する実態は大間違いではありませんか。

真由美は、私と付き合い始めて数ヶ月後に、自分がうつ病であると考えていました。生育歴などを聞いていた心療内科の医師は「抑うつ状態」と診断していましたが、安易に「うつ病」とされなかったのは幸いでした。もしも病名がついていたら、私は自分で考えなくなったかもしれません。少量の薬を2種類処方されたものの、土壷にはまらずに済みました。詳しくは拙著「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」を参照して頂きたいのですが、私たちは早々に精神医療と縁を切ったおかげで、心の傷を回復できました。

 
2014-06-24 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :

毒親が社会に与えている損失

毒親が形成する機能不全家族は、社会に様々な損失をもたらします。経済的に困窮していれば、生活保護などの手当が必要になります。子供を預けるためには、乳児院や養護施設が必要になります。夫のDVから逃げるためには、シェルターが必要になります。その他、虐待、ひきこもり、ストーカー、ゴミ屋敷、犯罪など様々な対策が必要になり、福祉、警察、司法、医療関連の人件費を含めた費用は莫大になります。

毒親によっては高収入を得て、高額の税金を納めている者もいるでしょう。それでも、上記のような負担を社会に強いていないわけではありません。その分は、社会資本を費やしているのです。裕福だろうと貧しかろうと、毒親が社会に与える損失は変わりません。

そして、最も大きな損失は、子供の人生を台無しにしていることです。子供も社会資本です。その子供が毒親に人生を奪われなければ、もっと有意義な人生になって、様々な方法で社会に貢献しているはずです。そうすれば、社会全体が健全に機能して、お互いの信頼で成り立つ世の中を作れるのです。

だから、生きづらさを感じているあなたが、生きづらくない世の中を作りましょう。毒親から被害を受けたとしても、あなたが回復できれば機能不全家族の連鎖を断てます。あなたが自尊心を取り戻して、あなたの子供も自尊心が高くなれば、相手を尊重した社会を築けるのです。

 
2014-06-23 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

犬や猫の殺処分

日本では16万頭(2012年)の犬や猫が殺処分されています。なぜ、これほど多くの命が殺されなければならないのでしょうか。ペットショップやブリーダーなどが売れなくなった「商品」を持ち込んでいるという調査がありますが、それは消費材のように幼い命を買っている客が大勢いるという裏返しです。また、ペットは自分を楽しませる所有物にすぎず、飽きたり面倒になったりしたら捨ててしまえばいいと考えている者も少なくないのでしょう。自分のペットが生んだ子犬や子猫を施設に持ち込んだり、高齢者が亡くなって飼い主が見つからないといった事情もありそうです。

けれども、こうした事情は命を奪う理由にはなりません。ペットを飼うということは、天寿を全うさせて死を看取ることが大前提のはずです。子供が子犬や子猫などを飼いたいと言ったら、その責任をしっかり認識させてから、飼うかどうか判断するのが親の役割です。ペットをパートナーとして尊重していれば、家族のように共に過ごせるものです。子犬や子猫のような可愛さがなくなっても、成長したペットとの信頼関係を喜べます。年老いて手がかかるようになった老犬や老猫でも受け入れられます。何らかの事情があれば、新しい飼い主を必死に探します。

殺処分を招くような飼い主や家族は、自分達の寂しさを紛らわせるために犬や猫を飼っています。支配欲や虚栄心を満たすために犬や猫を買っています。だから、自分に都合が良ければ可愛がり、都合が悪くなれば捨て去ります。理不尽に命を奪われるペットに共感する能力がなく、自分で負うべき責任を施設に転嫁して済ませます。それは、その飼い主や家族もそうやって育てられたからでしょう。まさしく、機能不全家族の連鎖であり、集合体としての機能不全社会です。

 
2014-06-22 : 機能不全社会 : コメント : 0 :

欧米人よりヘタクソな日本人の箸使い

外食時やテレビ番組を見ていて気になるのですが、満足に箸を使えない日本人が大勢います。親指の根元に二本の箸をピタリと揃えて、どうやって食べ物を挟めるのか不思議でなりません。彼ら彼女らは、親から箸の使い方を教えてもらえなかったのでしょう。生活に必要な道具の使い方を教えてもらえないとは、かわいそうな子供です。

一方で、幼い頃から箸を使わせようとする親が大勢います。2〜3歳程度の子供は指先が発達していないので、スプーンやフォークをきちんと使いこなせないならば、箸を使わせる意味があるとは思えません。自分の子供は早く箸を使えるようになったと親が自慢したくて、適切な時期や正しい使い方を無視して使わせているのではないでしょうか。だとすれば、これも不適切なコントロールにすぎません。

最近は、寿司やラーメンなどを筆頭に和食が海外に広まっているので、欧米人が箸を使う場面も多くなりました。もちろん、箸に苦労している欧米人もいますが、かなりの方々が正しい箸使いを身に付けていると感じます。おそらく、箸の持ち方や使い方を身近な友人などに習っているのでしょう。たかが箸の使い方ですが、健全なコミュニケーションがうかがわれます。

世の中がこれほど便利な社会になる前は、囲炉裏端でわらじやかごの作り方を教えたり、かまどでご飯の炊き方を教えたり、野山で刃物の使い方を教えたりして、両親や祖父母が子供に向き合う機会が数多くあったはずです。箸という文化は、現在も残る数少ない道具の使い方を教える機会ではないでしょうか。箸の使い方が下手な人は、機能不全家族で育ったかもしれませんね。

 
2014-06-21 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング