fc2ブログ

日本では性的虐待が少ないのか

「欧米に比べて、日本では性的虐待が少ない」と何の根拠もなく発言する人が大勢います。はたして、その説は本当でしょうか。この場で詳しく根拠を示せるほど、私は具体的な数値を持ち合わせていませんが、「少ない」と判断する根拠は皆無です。なぜなら、欧米のような信頼できる調査が日本では行われていないからです。

被害者を支援する方々や一部の精神科医は、自分が関わった事例などを元として、欧米と変わらない家庭内の性的虐待が存在すると推測しています。自分の権利や考えを主張しやすい欧米社会に比べて、日本は自己主張しにくい社会であり、家庭内の恥部をさらけ出すような行為はもってのほかでしょう。仮に広範囲に調査を行なったとしても、表面化する事例は氷山の一角に過ぎないと考える方が理に適っています。

NHKで放送された「ハートをつなごう」という番組には、驚くべき反響が寄せられていますので、当ブログではリンクを張りました。「性暴力被害」「性暴力被害 第2弾」「性暴力被害 第3弾」をお読みください。統計には現れない性虐待の実態が、被害者の悲嘆とともに掲載されています。見て見ぬ振りをするのではなく、誰もが被害者に共感して、性的虐待のない社会を築きましょう。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編
ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2014-04-29 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :

過保護と過干渉の違い

あなたは、過保護と過干渉について考えてみたことがありますか。

過保護とは、責任を免除してしまう行為です。本人が主体となって責任を負うべきなのに、親が甘やかして責任を与えない育て方です。走って転んだとしても、その痛みを自分で負えば、子供は転ばない方法を自然と考えます。ところが、危ないからと走らせなかったり、転んでも痛くない場所だけで走らせたら、痛みから学べません。

一方で過干渉とは、あらゆることに親が干渉して子供の自主性を奪ってしまう行為です。○○をしなさいとか、○○をしてはいけないといった具体的な物事に対する指図だけではありません。親の価値観を子供に押し付けて、考え方や感じ方を強制しようとする育て方です。しかも、子供が応じなければ愛情を与えないといった理不尽な懲罰がセットになっています。

もし、あなたの親が過保護で過干渉だったならば、あなたの人生に負の影響を与えている可能性が高いです。あなたに子供がいるならば、過保護で過干渉に育てている可能性も高いです。育児は親から子供への連鎖であり、他の家庭との比較は非常に難しいからです。でも、どの程度が「過」なのかは、実際には判断しにくいでしょう。わかりやすい基準としては、本当に危険な場合や社会に迷惑をかける場合を除いて、自分のことを自分で決めさせているかどうかです。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編
ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
2014-04-29 : 結婚・育児 : コメント : 0 :

「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」序文ご紹介

はじめに

あなたは満ち足りた生活を送っていますか。それとも、なぜか生きづらさを感じていたり、すぐに苛ついたりしますか。あるいは、人との関係を上手く作れなかったり、将来に漠然とした不安を抱えていたり。人前では明るく社交的に振る舞いながら、本当の自分はそうではないと感じているかもしれません。

もちろん、何から何まで上手くいく人生なんてありません。普通は上手くいかない出来事の方が多かったりします。自分が好きではなかったり、いつも他人が羨ましかったりするのも特に問題ではありません。けれども、自分の感情がジェットコースターのように激しく浮き沈みしたり、自分のものではないと感じるようだったら要注意。自分でも気付いていない心の傷を負っている可能性があります。

実は、自分の心の傷に気付かない人は少なくありません。あえて気付かないように頑張っている人もいます。深い傷もあれば、かすり傷もあるでしょう。心に傷を負っているかどうかなんて、線を引けることでもありません。大小の差はあっても、誰でも心に傷を負っていると考える人もいます。

心の傷がはっきりしている場合は、過食嘔吐やリストカットといった問題行動が現れます。重い鬱症状があったり、何かをきっかけにパニックになったりするのも同様です。ところが、物事をやり遂げられなかったり、いい人になろうとして頼みを断れないといった場合でも、ストレスからかなりの傷を負っていると推測できます。

私はその理由を伝えたくて、この記録を残しました。人はどのように愛情を得て成長できるのか。誰に何をされると心に傷を負うのか。そうやって傷付いた者は、どれほど困難な人生になるのか。なぜ、周囲の者まで困難に巻き込んでしまうのか。何年もの間、私は様々な経験をしながら、ずっと考え続けてきました。

もし、あなたが生きづらさを感じているならば、それが両親に起因していると考えたことはありますか? 両親は自分を愛していると信じていても、気付いていないからそう思うのかもしれません。優しいふりをして、自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなる父親。いつも父親をたてて従ってばかりの母親。「お前のため……」「あなたのため……」と正当化して、いちいち口を挟む両親。あるいは、家庭に関心のない父親と、子供にまとわりつく母親。あなたが本心で会話できない家族。少しでも思い当たるならば、ぜひとも本書をお読みください。

特に読んで欲しい人は、これから子供を育てるであろう若い女性や子供を育てている女性です。自分が心に傷を負っているならば、その傷は子供にも影響を与えてしまいます。できるだけ早く心の傷を癒し、自分の人生を自分らしく生きましょう。さもなければ、知らず知らずのうちに子供の居場所を奪ったり、否定的な感情を刷り込んだりする事態にもなり兼ねません。家庭という閉鎖された環境は、他の家庭との比較が難しいため、特有の危険が潜むのです。

それから、恋人や配偶者などのパートナーが心に傷を負っていると感じる人にも読んで欲しいです。おそらく、あなたの経験と重なる内容がいくつもあるはずです。パートナー自身が気付いていない心の傷やその要因を認識して、二人の関係に役立ててください。八方塞がりだった状況に光が射して、希望を持てるかもしれません。

そして、対人関係が上手くいかない人や自暴自棄になっている人にも有効だと思います。人は自分の言動をすべて制御できるわけではありません。関係のない人に八つ当たりする場合もあるでしょう。自分にはどのような問題があり、それがなぜ生じているのか理解できれば、意外と感情は静まるものです。

でも、本当はあらゆる人に読んでもらいたい、というのが正直な気持ちです。ただのオッサンの恥ずかしい告白ですが、社会が知らなければならない事実でもあります。この記録を公開して誰かの役に立てるならば、私は嬉しい限りです。

社会には自分が否定したい出来事について、「それは嘘だ!」「そんなことがあるわけない!」と声高に叫ぶ人達がいます。確かに自分の目の前で起きた出来事でなければ、疑問が生じる場合はあるでしょう。けれども、何の根拠もなく虚偽であるかのように主張するならば、その主張こそが自分のやましい心を表わしているのです。

本書では、そうした誹謗中傷を排除するために、出来事の細部まで記述しています。創作できないような内容が、事実だと証明するでしょう。ただし、個人を守るために仮名を使用している点はご了承ください。本書に記述している内容は私の主観であり、一つの事例を中心とした考察です。

清水 賢一

「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編/後編」発売中です。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編
ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
2014-04-29 : 機能不全家族 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング