FC2ブログ

熊沢英昭被告を保釈した東京高裁・青柳勤裁判長は元同僚

東京地裁の決定を取り消して保釈を認めた東京高裁の青柳勤裁判長が、熊沢英昭被告とは元同僚だったと判明しました。青柳裁判長は、入所7年目だった1987年に裁判官に与えられている『外部経験制度』によって農林水産省食品流通局に2年間の研修に出ており、同局にいたのが入省21年目だった熊沢被告だそうです。

長男刺殺の元農水次官、保釈認めた裁判官は「元同僚」の奇縁(NEWSポストセブン)

情実が判断に影響を与えたとは断定できません。しかし、「極めて異例」の決定がなされた事実からは、ただ単に毒親の守護神というだけではない理由があったと受け取られてもやむを得ないでしょう。今回の事件によって、親が子供を殺しても執行猶予になるという相場に歯止めがかかるかと思いましたが、こうした判事のせいで理不尽な判決が続きそうです。

 
スポンサーサイト



2020-01-05 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

熊沢英昭被告を保釈した東京高裁・青柳勤裁判長は毒親の守護神

懲役6年の実刑判決を受けた元農林水産事務次官、熊沢英昭被告(76)について、東京高裁(青柳勤裁判長)は12月20日に保釈を認めました。殺人犯の保釈は「極めて異例」だと解説されていますが、青柳勤裁判長は過去にも似たような裁判で執行猶予判決を下していました。

熊沢元農水次官の保釈決定 東京高裁、地裁決定覆す(産経ニュース)

家庭内暴力の子を殺した親に執行猶予 東京地裁昭和56年判決の量刑の理由(岡本法律事務所のブログ)

いったい東京地裁の裁判員裁判はなんだったのでしょうか。実刑判決を下したにもかかわらず保釈が認められるのであれば、一審の判決には全く効力がないということになってしまいます。なぜ、こんな滅茶苦茶な決定に批判が集まらないのか、相変わらず報道機関の機能不全ぶりにも呆れます。

70歳代で拘置所に入っている被告なんていくらでもいるはずです。証拠隠滅や逃亡の恐れが低い被告もいくらでもいるはずです。上記昭和56年判決の内容にも驚くほかありませんが、子供が家庭内暴力を振るう原因は子供自身にあると青柳勤裁判長は確信しているようです。まるで、毒親の守護神です。

計画通りにシャバに出られた熊沢英昭被告は、さぞかしご満悦でしょう。この先、高等裁判所の審理に2年、執行猶予判決を得られれば万々歳。実刑判決だとしても、最高裁に上告して刑が確定するまでに2年かかるとすれば、80歳まで収監されることはありません。もしかするとまた高齢だとかなんとか裁判所が判断して、死ぬまで刑務所に入らずに済むかのしれません。やはり司法は腐ってましたね。

【動画入手】元農水事務次官、異例の保釈後は妻と高級ホテルに滞在「無事出れたよ」(文春オンライン)

2020年6月15日追記
今年の3月に、青柳勤氏は仙台高裁長官に任命されていました。上記のような滅茶苦茶な保釈を認めた人が出世するとは、機能不全家族で育った総理がシンパシーを感じたのでしょうか。

 
2019-12-28 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

懲役6年の実刑判決で執行猶予という相場に歯止めがかかるか?

農林水産省の元事務次官、熊澤英昭被告に懲役6年の実刑判決が出ました。こうした事件では執行猶予という理不尽な判決が相場になっていましたが、これでようやく歯止めがかかるかもしれません。

東京地方裁判所の中山大行裁判長は「『長男に殺されるという恐怖から刺した』とする被告の供述は信用性に乏しく、ほぼ一方的に攻撃を加えたと認められ、強固な殺意に基づく危険な犯行だ」と指摘しました。弁護側にまんまと騙されなくて本当に良かったです。NHKのニュースでは、熊澤英昭被告が「殺人罪」「執行猶予」で検索していたと報じられていましたが、それだけではなく「量刑」「相場」でも検索していたと報じられています。熊澤英昭被告が執行猶予を想定していたことは疑いようがありません。

「子供なんて思い通りに育たないよ」 懲役6年、長男を殺した元農水次官が昨年の忘年会で語っていたこと(文春オンライン)

熊澤英昭被告が外部に相談していないことからは、外面の良さが浮かび上がります。その一方で、英一郎さんの進学就職においては過干渉ぶりを発揮していました。「子供なんて思い通りに育たないよ」という発言は、自分が思い描いた通りの子供になるように幼少期から操作し続けていたと自白したようなものです。自分で決めて、自分で行動して、自分で責任を取るという自律心を養わずに、親が決めて、親が行動して、にもかかわらず責任を子供に押し付けるという不適切な養育を行っていたのでしょう。

医師による統合失調症という誤診や発達障害という主観は、この事件とは無関係です。根本的には親子間で愛着が形成されていないことが原因です。片付けができないのも、金銭管理ができないのも、自堕落な生活を続けているのも将来を描こうとしない無意識の作用です。明日死ぬかもしれないのに片付ける必要がありますか?明日死ぬかもしれないのにお金を残す必要がありますか?親に人生を奪われたのに、自分の人生をどうやって生きろというのですか?子供が表現している問題の大半は親の問題です。
_______________

本日、羽鳥慎一モーニングショーでこの事件に関して放送されていました。東洋大学准教授の小島貴子氏の解説が秀逸です。すぐに削除されるかもしれませんが紹介します。
https://youtu.be/8WpjmnUaQhw

 
2019-12-15 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

熊澤英昭は執行猶予判決を狙った計画的殺人犯

私は「親に対する殺意が『無敵の人』の原因」という記事で「元農林水産省事務次官の熊沢英昭容疑者は、執行猶予になることを確信して息子を殺したのかもしれません」と言及していました。どうやら私が指摘していた通り、熊沢英昭被告は執行猶予判決を狙って計画的殺人を実行した模様です。現在行われている裁判において、熊沢英昭被告がインターネットで「殺人」や「執行猶予」などと検索していた事実が明らかになりました。以前から息子を殺す機会をうかがっていたのであり、都合よくカリタス小学校の通り魔事件が起きたのです。

検察「悲しい事件だが許されない」元農水次官に懲役8年求刑(NHK NEWS WEB)

この事件については、「熊沢英昭容疑者も執行猶予になるのか?」という記事でも触れていたのですが、週刊文春によれば、やはり機能不全家族の典型例だったようです。アリバイ作りのように近年になって息子との関わりを持った熊沢英昭被告ですが、おそらく英一郎さんの乳幼児期から少年期には仕事に没頭して子育てをしていなかったのでしょう。その一方で、母親は「教育ママ」として虐待行為を行っていたのです。この母親は娘の自殺まで英一郎さんに責任転嫁していますが、自己肯定感を与えられなかった親の責任だとは少しも自覚できないようです。

母を「愚母」と罵倒、父は「もう殺すしかない」――元農水次官が“息子殺し”という地獄に至る「修羅の18カ月」(文春オンライン)

熊沢英昭被告は息子に対して向き合っていたと主張していますが、はっきり言って手遅れです。乳幼児期に愛着を形成していないから、子供を殺すという発想になるのです。逮捕時には他者に危害を加える恐れがあったなどと言い訳を述べていますが、ただ単に自分が思い描いた素晴らしい息子にならなかったという身勝手な怒りで殺しただけです。また、弁護側の証人が言う発達障害なんて主観に過ぎず、殺人を正当化する根拠にはなりません。そもそも、自分が殺されると思ったなら、責任を取って殺させればよかったではありませんか。

今回の検察側の主張はとても丁寧なものであり、適切だと私は考えています。しかし、この事件のニュースに対しては「執行猶予にしろ」などという底の浅いコメントが大半を占めています。裁判員や裁判官も死人に口無しの一方的な裁判で、どうせ相場通りの執行猶予を付けるのでしょう。判決は明日です。

(以下、NHK NEWS WEBより引用)

検察側の主張

13日の裁判で、検察側が主張した主な内容は次のとおりです。

被告は、長男のすきをねらって一方的な攻撃を加えているうえ、傷は少なくとも30か所以上あり首や胸に集中していることから、強い殺意を持っていた。長男は、ツイッターの中で「家族がいるだけで安心だ」などと家族観について述べていたほか、被告のことをとくに尊敬していた。尊敬し、信頼していた父親から殺害された長男の無念は、察するにあまりある。

被告は、親からの支援を受けて生活を送っていたり、家庭内で暴力をふるったりしていた事実もあるが、背景として発達障害と診断されていた事情もあり、長男のことを強く責めることはできない。自分自身の境遇に悩みながらも生活を送っていた長男の人生を奪う権利は誰にもない。

被告は、「事件当日までの間、殺害については考えていなかった」と供述していたが、インターネットで「殺人」や「執行猶予」などと検索をしていたことなどを踏まえると、被告が、長男の殺害を選択肢の1つにしながら過ごしていたことは明らかだ。

被告が、長男の将来を心配して親身に対応してきたにもかかわらず、事件のおよそ1週間前に暴力を受けて、大きく失望したことは理解できる。しかし、そうしたいきさつがあったとしても、当時、長男を殺害するしかないほどに状況が切迫していたとはいえない。

今回の事件は、背景にさまざまな事情があった悲しい事件だといえる。しかし、事件よりももう少し前の段階で、被告自身が何かできなかったのか、ということもまた考えられる。

被告は長い間、国家公務員として、事務方のトップにまでのぼりつめたほか、日本を代表して大使まで務めていた。そのような経歴を持つ被告が、警察や行政機関、NPOなどの支援窓口の存在について十分な見識を持っていたことは間違いない。さらに被告は、同じように家庭内暴力や引きこもりに悩んでいる人たちと比べても恵まれた環境にあり、行政機関や専門家などに相談して現状を抜け出す手段はあったはずだが、そうした相談はしていなかった。

被告が、長男の将来を心配していたことや事件のあとに自首したことを考慮してもなお、強い殺意で長男の命を奪った刑事責任は重大であり、懲役8年を求刑する。


 
2019-12-15 : 機能不全家族 : コメント : 0 :

愛着障害は「死に至る病」

精神科医の岡田尊司氏が「死に至る病 あなたを蝕む愛着障害の脅威」(光文社新書)という本を出版したそうです。岡田氏は京都医療少年院などで傷だらけの子供達と向き合ってきただけに、不適切な養育によって子供がどれほど心的外傷を受けるか熟知している方です。愛着障害は「死に至る病」だという視点に私も共感します。

現代人をむしばむ「愛着障害」という死に至る病
体と心を冒す悲劇の正体とは何か?
(東洋経済ONLINE/岡田尊司)

(ここから引用)特別な存在との絆である「愛着という仕組み」がうまく働かないと、生存にも、種の保存にも、重大な支障が生じるのである。全身傷だらけになりながら、自傷や自殺企図を繰り返すのも、稼いだ金の大半を、吐くための食品を買うためや、飲み代やホスト通いに費やすのも、物や金の管理ができず、捜し物と借金に追われ、混乱した人生に沈むのも、原因のよくわからない慢性の痛みや体の不調に苦しむのも……、そこには共通する原因があった。

自己肯定感を持ちなさい、などと、いい年になった人たちに臆面もなく言う専門家がいる。が、それは、育ち盛りのときに栄養が足りずに大きくなれなかった人に、背を伸ばしなさいと言っているようなものだ。(ここまで引用)

自己肯定感については当ブログでも色々と触れていますが、私も反省しなければならないかもしれませんね。そう簡単に自分で培えるものではありません。でも、自分の人生を成功させてはいけないという呪縛から逃れるためには、誰かの助けを借りて自分を愛する基礎を作るしかありません。

 
2019-10-18 : 機能不全家族 : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

 

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング